renaissancejapn@aol.com

2009/5/31

ローマ帝国の物語-30 ポエニ戦争まとめ  ローマ帝国の物語

ポエニ戦争とは、紀元前264年から紀元前146年にかけて、共和制ローマとカルタゴの間で、地中海世界の覇権をかけて約100年争われた一連の戦争で、カルタゴを破ったローマは、カルタゴを属州とし、地中海世界の覇権を手にしました。


ローマ帝国の物語-27 第一次ポエニ戦争 (紀元前264年-紀元前241年)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/891.html
ローマ帝国の物語-28 第二次ポエニ戦争 (紀元前219年-紀元前201年)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/892.html
ローマ帝国の物語-29 第三次ポエニ戦争 (紀元前149年-紀元前146年) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/893.html
続きを読む
0

2009/5/30

ローマ帝国の物語-29 第三次ポエニ戦争  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
都市カルタゴの想像図


第二次ポエニ戦争に敗北したカルタゴは、「ローマに無断で戦争を行わない」、「船を作らない」という約束をローマに結ばされていました。  しかし、それでもローマにとってカルタゴは目の上のたんこぶのような存在で、ローマはカルタゴ殲滅の機会を伺っていました。

続きを読む
0

2009/5/29

ローマ帝国の物語-28 第二次ポエニ戦争  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
最盛期のカルタゴの領土(青い部分)


カルタゴは、地中海に面した古代都市国家で、首都は現在のチュニジアのチュニス近郊にありました。 小さな国でありながら、地中海を利用した商取引で富を得て、強力な軍事力を保有し、カルタゴの国民はポエニと呼ばれました。
続きを読む
4

2009/5/28

ローマ帝国の物語-27 第一次ポエニ戦争  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
シチリア島


紀元前275年、タラントの援軍としてやってきたギリシア北方のエピルスの王ピュロスを打ち破り、タラントを支配下におさめ、イタリア全土をほぼ手中に収めたローマは、次にシチリア島を手に入れるチャンスを伺っていました。


続きを読む
2

2009/5/27

ローマ帝国の物語-26 イタリア全土征服  ローマ帝国の物語

イタリア半島の長靴の底にあたる、南イタリアのトウリイは、ギリシアの植民地でありましたが、サムニウム人の攻撃にさらされている事を知ったローマは、サムニウム人撃退を口実に軍を派遣し、トウリイを支配下に置きました。

続きを読む
1

2009/5/25

ローマ帝国の物語-25 帝国主義  ローマ帝国の物語

帝国主義とは、周囲の国や民族を征服して、大国家を建設しようとする考え方で、これをインペリアリズムと呼び、古代ローマのインペリウムに由来しています。

インペリウムとは、「権力」や「命令」という意味のラテン語ですが、サムニウム人たちを三度に渡る戦いの末に屈服させ、元ラテン同盟の諸国を併合してゆくうちに、周囲の国や民族の支配をも意味するようになってゆきました。
続きを読む
1

2009/5/24

ローマ帝国の物語-24 ラテン同盟戦争  ローマ帝国の物語

ローマがケルト人たちの攻撃を受けているとき、ラテン同盟諸国にも知らせは届いていましたが、誰もローマを助けようとはしませんでした。  本来は、同盟国同士は対等であるはずですが、ローマが強大になってしまって、実質はローマが盟主となっていたので、それが面白くなかったのです。
続きを読む
1

2009/5/23

アホの田原総一朗  メディア・通信・郵便
またまた、朝日に雇われている田原総一朗が、北朝鮮拉致被害者に関して、知ったかぶった虚偽の発言で、アホさを世間にさらけだしています。  事の起こりは田原総一朗氏がテレビ朝日の討論番組で「外務省も生きていないことは分かっている」などと発言し、拉致被害者家族を傷つけたものですが、中曽根弘文外相が19日午前に田原総一朗の意見を否定会見した事が新聞で報じられています。  また、アホの田原総一朗は、ブザマにもお詫び文を、拉致被害者家族会と支援団体「救う会」に送っていた事が明らかとなり、新聞報道されました。

外務省もいい迷惑ですが、このようなアホがメディア業界で仕事が出来ていること自体が問題です。 


団塊世代と左翼思想
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/188.html
フリーメーソン-75  カールマルクス  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/668.html
朝日新聞のお馬鹿をこれ以上許してはいけない  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/565.html
右翼団体 実は反日サヨのやらせ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/490.html
反日左翼勢力と消費者金融-1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/500.html
反日左翼勢力と消費者金融-2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/501.html


続きを読む
7

2009/5/20

ローマ帝国の物語-23 ケルト人来襲  ローマ帝国の物語

地中海沿岸の南ヨーロッパでは、平原は畑と牧畜に活用され、海上貿易も盛んであった時代、北ヨーロッパは未だ深い森におおわれていました。 この森の住人がケルト族で、ケルト人とはギリシア人が与えた名で、ローマ人はガリア人と呼んでいました。


続きを読む
0

2009/5/20

ローマ帝国の物語-22 十人委員会の崩壊  ローマ帝国の物語

「十二表法」は最初から不評で、期待を裏切られた平民階級は再び対決の姿勢を明らかにしました。 
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ