renaissancejapn@aol.com

2009/6/7

ローマ帝国の物語-35 第一次三頭政治  ローマ帝国の物語

三頭政治とは、ローマ共和政末期の有力政治家による一種の寡頭政治(大半の政治権力をごく少数の政治家が有する政体)で、共和政から元首政への過渡期の政治体制をいいます。

一般には、紀元前60〜紀元前53年,カエサル・ポンペイウス・クラッススによるものを第1次、紀元前43〜紀元前36年,オクタヴィアヌス・アントニウス・レピドゥスによるものを第2次と呼びます。 第1次は3者の私的な盟約ですが、第2次は公的に紀元前43年護民官ティティウスの提案によって任命されたものであります。
続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ