renaissancejapn@aol.com

2009/6/19

ローマ帝国の物語-43 アントニウスとクレオパトラ-3  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
クレオパトラと息子のカエサリオン(プトレマイオス16世)の壁画
エジプト ハトホル神殿


アクティウムの海戦では、優勢であったクレオパトラ・アントニウス軍でありますが、クレオパトラの気まぐれで、クレオパトラ率いるエジプト艦隊が戦線離脱しますが、決して逃げたのではなく、彼女はエジプトまで退却して戦うつもりで、作戦会議での決定を実行したに過ぎませんでした。  しかしながら、クレオパトラにぞっこんのアントニウスはそれを勘違いし、彼女の船を追いかけ戦場を去り、残されたアントニウス軍は総崩れとなり、300隻以上もの軍船がローマ側に捕獲されました。 オクタヴィアヌスは乗員の生命は助けたましたが、エジプト船と明らかな船は、戦利品として船首を切り離した後で、炎上させました。

パトラスにいたアントニウスの陸上軍は、それでも8日間、司令官を待ちましたが、アントニウスから何も連絡はなく、兵士たちはついに9日目、助命を約束したオクタヴィアヌスに降伏しました。
  
続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ