renaissancejapn@aol.com

2009/7/24

ローマ帝国の物語-66  教会の誕生  ローマ帝国の物語

イエスの昇天後40日立ったペンテコステ(五旬節)の日、イエスの弟子達の上に神の霊が下り、弟子達は世界中の言葉で神の偉大な業を語り始めました。 弟子たちは、イエスの復活に立ち会ったと確信し、自分が信じるだけでなく、人にも語り伝えずにはいられなくなり、宣教活動をはじめ、使徒たちとその周りに集まった人々は、その活動がし易いように、自然発生的にエクレシアと呼ばれる教会ができました。 これが、キリスト教の最初の教会であります。



教会の誕生
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/457.html





続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ