renaissancejapn@aol.com

2009/8/20

ローマ帝国の物語-82  マクリヌス討伐  ローマ帝国の物語

カラカラ暗殺を陰で企て、マルティアリスにカラカラ帝を暗殺させたマクリヌスは、皇帝として一刻も早くローマに戻りたいと思い、征服しかけていたパルティアと講和しますが、その条件はローマがパルティアに対し2億セステルティウス(約250億円)を支払うと言うもので、その金を捻出するために兵士たちの給料を削減してしまいました。

                         
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ