renaissancejapn2020@gmail.com

2009/9/14

ローマ帝国の物語-92  ローマ帝国を飲み込んだキリスト教  ローマ帝国の物語
クリックすると元のサイズで表示します
コンスタンティヌス皇帝(在位306-312) キリスト教の洗礼を受けた初めての皇帝


5世紀の歴史家ソゾメンによると、コンスタンティヌスはガリアまたはブリタンニアの辺りに駐在している間、現地で広まっていたキリスト教の洗礼を受けたとしていますが、洗礼の時期については、当時の風習に従い死の直前だったという説もあります。 コンスタンティヌスは自らキリスト教を信仰しただけではなく、宮殿でもキリスト教を広めようとし、コンスタンティヌスがキリスト教を広めた理由について、哲学者バートランド・ラッセルを始めとする多くの歴史家は、キリスト教の持つ組織力に目をつけたためだと指摘しています。


続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ