renaissancejapn@aol.com

2009/9/18

ローマ帝国の物語-94  西ローマ帝国の滅亡  ローマ帝国の物語

ローマ帝国滅亡原因となったのは、テオドシウスが死に際して、ローマ帝国をコンスタンティノポリスを首都とする東ローマ帝国と、ミラノを首都とする西ローマ帝国に分割し、二人の息子をそれぞれの皇帝につけた事にあり、テオドシウスが亡くなり、二人の息子が帝位を継いだ395年が、ローマ帝国の東西分裂の年とされています。

不幸な事に二人の息子は、ともに愚者でありました。


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ