renaissancejapn@aol.com

2009/9/20

ローマ帝国の物語-95  教会音楽    ローマ帝国の物語

クラシック音楽のルーツは、教会音楽のグレゴリオ聖歌であると言われています。 ローマ帝国がキリスト教を国教として定めて以来、音楽は宗教色の強いものでしたが、神中心から人間中心という思想が台頭したルネサンス期に、ミサ曲は神への祈りから、作曲家によって創作された 「音楽作品」 として意識されるようになりました。

続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ