renaissancejapn@aol.com

2009/10/31

マキアヴェリ  -17  政治理論  マキアヴェリ 

マキャヴェッリはメディチ家に政策を提言するために『君主論』[1] を著した。『君主論』はメディチ家の人間(ロレンツォ・デ・メディチ)に献上された本であり、そこには君主たるものがいかにして権力を維持し、政治を安定させるか、という政治手法が書き記されている。

そのなかで彼はチェーザレ・ボルジアを例に取りイタリア半島の統一を実現しうるのはいかなる君主かを論じている。そこにはマキャヴェッリが見てきたイタリアの現実が反映されている。マキャヴェッリ「私は我が魂よりも、我が祖国を愛する」と語っている。

彼の理論は「フォルトゥーナ」(伊: fortuna, 運命)と「ヴィルトゥ」(virtù, 技量)という概念を用い、君主にはフォルトゥーナを引き寄せるだけのヴィルトゥが必要であると述べた。『リウィウス論』では古代ローマ史を例にとり偉大な国家を形成するための数々の原則が打ち立てられている。全てにおいて目的と手段の分離を説いていることが著作当時おいて新たな点であった。

彼は元々共和主義者であったが、スペインとフランスがイタリアを舞台にして戦う「イタリア戦争」に衝撃を受けた。そこには、彼が体験した挫折感と、独立を願って止まない情熱が存在していたからこそ、『君主論』が生まれたのだと言える。

                                   - Wikipedia -
続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ