renaissancejapn@aol.com

2010/1/19

クリックすると元のサイズで表示します

下鴨神社(=賀茂御祖神社)  1月4日の蹴鞠始め
http://www.shimogamo-jinja.or.jp/index.html
http://www.youtube.com/watch?v=zQXZGSsG9DU


下鴨神社は、平安京遷都以前からあった京都最古の神社の一つで、下鴨神社を建てたのは古代豪族の賀茂氏(秦氏一族)、この神社こそが、天皇家を支え・お守りしている、極めて重要な神社でなのであります。 御祭神は建角身命(たけつぬみのみこと)とその娘の玉依比売命(たまよりひめのみこと)。  

神武東征の際、天照大神の命を受けて、八咫烏(やたからす)に化身して勝利に導いたのが、建角身命であります。  建角身命の娘が玉依比売命で、彼女は神武天皇の母親なので、神武天皇の祖父が八咫烏となって、孫の神武天皇を助けたという事になります。  ここで重要なのは、建角身命だけが八咫烏というわけでなく、それは組織化され、ある集団を指すようになり、天皇家を守る秘密組織「八咫烏」となってゆくわけです。 現代にもあるという噂はありますが、本当に在るのかどうかは分かりません。

神道で、神社の頂点に君臨するのは天照大神を祀る伊勢神宮ですが、表裏一体となって同じくらい力を持っているのが下鴨神社です。  その証拠に、天皇の即位の儀礼や最も重要な「大嘗祭」を主催し、そのすべてを取り仕切っているのは、宮内庁でも伊勢神宮でもなく、京都の賀茂神社なのです。  

京都の賀茂神社には、上賀茂神社と下鴨神社(=賀茂御祖神社)がありますが、社格としては下鴨神社のほうが上で、伊勢神宮における内宮に相当します。 ちなみに、伊勢神宮の内宮には天照大神(=ヒミコ)が、外宮には豊受大御神(=トヨ)が祀られています。



続きを読む
15

2010/1/17

八咫烏 神武天皇とアレキサンダー大王  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

八咫烏(やたからす)  熊野本宮大社
http://www.yatagarasujinja.net/
http://www2.ocn.ne.jp/~sanzan/NTTcontents/hongu/


神武東征の際、天照大神によって遣わされ、熊野国から大和国への道案内をした、3本足の八咫烏ですが、この話は、ギリシア神話とアレキサンダー大王東征の話が伝わってきたものと思われます。  




続きを読む
33

2010/1/17

天狗 と ユダヤ  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します
天狗像  高尾山(東京)


天狗は山の神で、日本には仏教が伝わる前から山岳信仰があり、その姿は山伏によく似ています。  また、山伏の姿は、ユダヤ教徒の姿ともよく似ています。  何より特徴的なのは、頭に黒い小さな箱をつけているところで、日本では「兜巾(ときん)」、イスラエルでは 「ヒラクティリー」と呼ばれますが、世界中でこのような物をつける宗教は、日本とユダヤにしか見られないそうです。  また、どちらも白い服を着て羊の角や法螺貝でできた笛を吹きますが、その姿は瓜二つです。 山伏は「虎の巻」をユダヤ人はトーラースクロール(トーラーの巻物)を持っています。  さらに天狗像をみても、西洋人のようにも見えます。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ショファーを吹くユダヤ人 と 法螺貝を吹く山伏


天狗(日本ミステリー)
http://www.youtube.com/watch?v=Jl44umw3VjI

続きを読む
52

2010/1/15

クリックすると元のサイズで表示します
広開土王陵碑


広開土王碑(こうかいどおうひ)は、高句麗の第19代の王である広開土王(好太王)の業績を称えるために息子の長寿王によって414年旧暦9月29日(碑文によれば甲寅年九月廿九日乙酉)に建てられた石碑で、広開土王碑は現在吉林省集安市の好太王陵の近くに位置しています。

この碑に、新羅と百済は、倭国の属国となった経緯が記されています。 それは,以下のようなものです。


「 もともとは、新羅と百済は高句麗の属民で朝貢していたが、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民としてしまった。 」


続きを読む
32

2010/1/13

日ユ同祖論とDNA Part2  秦氏・日本とユダヤ文化


「日ユ同祖論とDNA」なるタイトルの記事投稿を前回行いましたが、私の尊敬するQMSS先生から恐縮にもお褒めの言葉を頂き、3つの質問をしていただいている事が分かりました。 本来であれば、先生のBlogのコメント欄に書くべきですが、字数が多くなってしまうので、この場でお答えしたいと思います。

QMSS先生の投稿
http://blue.ap.teacup.com/qmss/2213.html
日ユ同祖論とDNA
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1042.html


*用語の説明 : YAP+
マイケル・ハマー(米国アリゾナ大学)は、Y染色体DNAの中に300塩基ほどの特徴的なAlu配列が存在している人と、存在しない人の二種類あることを発見。 YAPと名づけられたこの多型は、過去にY染色体のある場所にゲノムの別の場所からAlu配列が飛び込んできたらしく、挿入タイプの突然変異に起因、この突然変異遺伝子をYAP+という。

続きを読む
13

2010/1/11

日ユ同祖論とDNA  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します
Geographic map showing the Frequencies of the DYS199T(Blac),the DYS199C(open),and YAP+(grey)alleles in the 20 Asian and nine New world samples in the survey


このグラフは、アメリカの形質人類学誌(American Journal of Physical Anthropology)に、1977年に掲載された「Y染色体の印を持つ者とベーリング海峡からの分散(Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispersals)」という論文にある図を紹介したものですが、半円の黒の部分がY染色体のDNA塩基配列で、YAP+という特殊な塩基を持っている人の割合を示し、

日本人男性の約42%がYAP+の特殊な塩基配列を持っています。 このYAP+は、アフリカ、地中海沿いの中東からイタリア南部、アルタイ、チベット、インド洋のアンダマン諸島、エスキモー、アメリカのネイティブインディアンに特徴的に見られるもので、何と近くの中国、韓国の人々にはほとんど全く見られない遺伝情報です。


"Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispers"
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf


続きを読む
34

2010/1/10

天皇家と失われたイスラエル十支族  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します
失われたイスラエル10支族


日本の天皇家は、現存する皇室としては世界最古の歴史を持ち、日本建国から同じ血統をひく一族で、まさに天皇家は日本の歴史そのものといっても過言ではありません。 

日本書紀によれば、神武天皇が帝国を創建したのが紀元前660年ですが、この時代は古代イスラエル王国がソロモン王の死(BC928年)後、北イスラエル王国(10支族)と南ユダ王国(2支族)に分裂し、北イスラエル王国はBC722年にアッシリア帝国に滅ぼされ、10支族はイスラエルの地から連れさられ、以後行方不明(失われたイスラエル10支族)になります。 南ユダ王国はバビロニアに滅ぼされ、2支族はバビロニアに連れさられますが(バビロン捕囚)、ペルシャ帝国がバビロニアを滅ぼし、ユダ王国の2支族は故郷に戻る事が許されました。


イスラエル12支族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/260.html


日本の建国は、北イスラエル王国の10支族が、国を追われ、東に向かい、アジア各地に散ってから、約60年後のことであり、日本の天皇家の家系図があまりにも北イスラエル王国のリーダーであったエフライム族と酷似し、日本の文化・風習が古代イスラエルのものとよく似ているため、失われたイスラエル10支族が日本にきて、エフライム族が日本を建国したのではないかという説があります。 イスラエルから日本までは、直線距離で約10,000Kmなので、1日5Km歩くとして約5年で来れますし、ラクダや馬を使えばもっと楽に来れるので、現実味のない話ではありません。 

現在イスラエルでは、失われたイスラエル10支族の探索と帰還を図るため、「アミシャーブ」という専門の機関を作り、既にアジア各地でDNA鑑定も含め10支族の末裔を見つけておりますが、最も有力な候補として日本の天皇家をあげています。

「アミシャーブ」の探索によれば、シルクロードの終点にある日本にも「失われた十支族」が来日し、日本の中枢に大きな影響をあたえた証拠が多くあるとし、特に神道の祭祀にヤハウェの神殿の祭祀との偶然ではありえないような類似点が多く残っていると言っています。  また、聖書に記述にある「過越しの祭り」「仮庵の祭り」も日本の正月の祭りなどに残されているということです。


続きを読む
43

2010/1/8

クリックすると元のサイズで表示します 
伊勢神宮 内宮
http://www.iseshinwa.com/#


伊勢神宮には太陽を神格化した天照大御神を祀る皇大神宮(こうたいじんぐう)と衣食住の守り神である豊受大御神(とようけおおみかみ)を祀る豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の二つの御正宮があり、皇大神宮を内宮(ないぐう)、豊受大神宮を外宮(げぐう)と呼びます。

祭神は、内宮は天照大神で御神体は八咫鏡(やたのかがみ)、外宮は豊受大御神。 この組み合わせは、卑弥呼とトヨと言われていて、鏡は自分の顔をみるものではなく、太陽光を反射させ太陽神のシンボルとしていたのです。


クリックすると元のサイズで表示します
三角縁獣文帯四神四獣鏡レプリカ(椿井大塚山古墳出土)


続きを読む
36

2010/1/6

クリックすると元のサイズで表示します

元伊勢 籠神社
http://www.motoise.jp/main/yuisyo/index.html


籠(この)神社は、京都府宮津市の日本三景の一つである天橋立の近くにある由緒ある神社で、元伊勢とは天皇家の氏神であった天照大神を、現在の伊勢神宮に祭るまでの間に一時的に鎮座した神社の事であります。

「伊勢神宮」の前身(元伊勢)は「籠神社」であり、この本来の伊勢神宮ともいえる「籠神社」の宮司を代々務めてきたのが海部一族で、82代目宮司を務める海部光彦氏は、それまで極秘であった裏家紋を公開。 

「籠神社」の奥の院である「真名井神社」の石碑に刻み込まれたその裏家紋は、なんと驚くべきことに「ダビデ王の紋章(六芒星)」でありました。


続きを読む
13

2010/1/5

クリックすると元のサイズで表示します

八幡総本宮 宇佐神宮
http://www.usajinguu.com/Frame.html


宇佐神宮は、全国4万社余りの八幡宮の総本宮。 八幡さまは応神天皇の御神霊で、欽明天皇の32年(571年)に宇佐の地に御示顕になり、応神天皇は大陸の文化と産業を輸入、新しい国づくりをされた天皇ですが、この応神天皇の時代に秦氏一族が大陸からやってきて、ユダヤの文化や習慣を日本に伝えたとされています。

宇佐神宮をつくったのも秦氏一族の辛嶋氏ですが、この神社には旧約聖書のモーゼの言い伝えが残されています。 また、お神輿の発祥の神社でもあります。
続きを読む
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ