renaissancejapn@aol.com

2010/1/13

日ユ同祖論とDNA Part2  秦氏・日本とユダヤ文化


「日ユ同祖論とDNA」なるタイトルの記事投稿を前回行いましたが、私の尊敬するQMSS先生から恐縮にもお褒めの言葉を頂き、3つの質問をしていただいている事が分かりました。 本来であれば、先生のBlogのコメント欄に書くべきですが、字数が多くなってしまうので、この場でお答えしたいと思います。

QMSS先生の投稿
http://blue.ap.teacup.com/qmss/2213.html
日ユ同祖論とDNA
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1042.html


*用語の説明 : YAP+
マイケル・ハマー(米国アリゾナ大学)は、Y染色体DNAの中に300塩基ほどの特徴的なAlu配列が存在している人と、存在しない人の二種類あることを発見。 YAPと名づけられたこの多型は、過去にY染色体のある場所にゲノムの別の場所からAlu配列が飛び込んできたらしく、挿入タイプの突然変異に起因、この突然変異遺伝子をYAP+という。

続きを読む
13


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ