renaissancejapn@aol.com

2010/1/23

八咫烏 と 烏帽子、ちょんまげ  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します
下鴨神社 流鏑馬   騎手の髪型は八咫烏が羽を広げているのを表しています


神道の神官がかぶっている烏帽子(えぼし=からすのぼうし)、相撲とりのちょん髷は、八咫烏が頭に舞い降りている事を表しています。  髪 = 上 = 神 
また、烏の濡れ羽色という言葉がありますが、この意味は 「 しっとりと濡れたような黒色、 烏の髪と同様に黒髪を指す場合が多い 」 という風に、日本人の髪は、八咫烏にまつわるのが多いようです。

日本人が烏(からす)の鳴き声を聞いて、不気味に感じるのは、何がしかの霊力があると、潜在意識の中で信じているからではないでしょうか。



相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8
八咫烏 神武天皇とアレキサンダー大王 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1046.html
下鴨神社
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1047.html
陰陽師(おんみょうじ)
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1048.html
Kyudo In London: The White Rose Kyudojo  最近は外人の方が、よっぽど日本人らしい
http://www.youtube.com/watch?v=xA-NXsABz2I&feature=related




ちなみに、古代エジプトではカラスは太陽の神ラーの鳥で、ギリシャ神話では太陽神アポロンの下僕です。

続きを読む
11

2010/1/23

秦氏三所明神  秦氏・日本とユダヤ文化

「 秦氏本系帳(はたしほんけいちょう) 」 には、賀茂氏の 「 丹塗り矢伝説 」 とそっくりな物語が記されています。


昔々、秦氏の娘が葛野川で洗濯をしていた。 すると、上流から矢が一本流れてきた。  彼女はそれを持って帰り、戸上に刺しておいた。  やがて、娘はひとりでに懐妊。  男の子を産んだ。  あるとき宴会を開き、秦氏の祖父母が男の子に向かって、父親に酒を飲ませよと言った。  すると、男の子は戸上の矢を指差し、これすなわち雷公といい、そのまま天井をつきぬけて、天に昇っていった。

これにより、鴨上社は別雷神とし、鴨下社は御祖神と称す。  戸上の矢は、松尾大明神である。  以上、これら秦氏三所明神として奉祭(ほうさい)する。  しかして、鴨の氏人は秦氏の婿である。  秦氏は愛する婿のために、鴨祭を譲与する。  今日、鴨氏が禰宜(ねぎ=神官)として奉祭するのは、この縁があるためである。
 
続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ