renaissancejapn@aol.com

2010/5/22

Rothschild-22  会議は踊る  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
正面、右を向かれているのがメッテルニヒ宰相の子孫であるメッテルニヒ公爵
ウィーンで、小生も招待された夕食会に於いて


ナポレオンがロシア遠征で大敗し、退位した後、フランスではルイ18世が即位し、1814年にブルボン王朝が復活し、1814-1815年にかけて、オーストリアのメッテルニヒ首相兼外相が議長を務め、ナポレオン後のヨーロッパ秩序再建と領土分割を検討するウィーン会議が開催。  

しかしながら、各国の利害が対立し進行せず、「 会議は踊る、されど進まず 」 と評されます。  ところが、1815年3月にナポレオンがエルバ島を脱出した報せを聞き、危機感を抱いた各国の妥協が成立し、1815年6月9日にウィーン議定書が締結されました。


続きを読む
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ