renaissancejapn@aol.com

2010/5/27

Rothschild-28  ダイヤモンド・シンジケート  ロスチャイルド

南アフリカでダイヤモンドが発見されたのは1867年、日本では徳川慶喜が大政奉還を行い、坂本龍馬が暗殺された年で、オレンジ川には一攫千金を夢見る山師たちが世界中から殺到しました。

このダイヤモンド・ラッシュに、ロンドン・ロスチャイルド家のナサニエル(1840-1915)は当初から注目し、代理業者のアングロ・アフリカン・ダイヤモンド鉱山会社に投資し、様子を見守っていました。

雨の後のタケノコのように出現した中小の会社は次第に整理されてゆき、最も良質な原石を算出するキンバリー鉱山一帯は、バーニー・バルナトが経営するバルナト・ダイヤモンド鉱山会社と、セシル・ローズが経営するデ・ビアスの2大会社に集約されていきます。

続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ