renaissancejapn@aol.com

2010/5/30

Rothschild-31  キューリー夫人  ロスチャイルド

現在、世界中で432基(2008年IAEAデータ)以上の原子力発電所が稼動し、EUに於いては電力の約30%を核エネルギーから得ており、フランスに於いては総発電力の約80%を原子力発電でまかない、ヨーロッパ中にその安価で安定した電力を供給しています。 

何故、フランスがこれほど原子力が強いのか、それはパリで放射能の研究をしていたキューリー夫人の研究パトロンが、金融王ネイサンのひ孫にあたるアンリ・ロスチャイルドであった事に遡り、キューリー夫人の娘婿ジョリオ・キューリーがフランスの初代原子力庁長官であった事もあります。

具体的に、アンリ・ロスチャイルドがどのように研究のサポートをしたかといえば、金融から産業資本にも手を出したロスチャイルドですが、キューリー夫人の放射能、すなわち原子物理学に将来性を感じた事、そしてロスチャイルドが保有する鉱山会社リオ・チント・ジンクがウランなど放射性物質である鉱物をキューリー夫人に提供していたのです。  


続きを読む
4

2010/5/30

Rothschild-30  石油産業  ロスチャイルド

フランスの鉄道建設のパイオニアとして、「鉄道王」の異名をもったパリ分家のジェームズの息子、アルフォンスが目指したのは、当時の最先端産業である石油です。

産業革命以来、夜遅くまで工場は動き、その灯りをともすため、クジラの油を使っており、その乱獲でクジラが減った事を背景に、石油ブームは起こり、1859年アメリカ・ペンシルヴェニアでの油田発見に始まり、1883年ダイムラーのガソリンで動く内燃機関の発明で爆発的なものとなりました。
続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ