renaissancejapn@aol.com

2010/8/13

Rothschild-66  ドイツ帝国銀行(ライヒスバンク)  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
1923年のハイパーインフレで、紙屑となった紙幣で暖炉の火をつける女性


ドイツ帝国銀行(Reichsbank)は1876年から1948年まで存在した、ドイツの中央銀行ですが、1918年ドイツが第一次世界大戦で敗戦し、1922年に新しいライヒスバンク法が導入され、ドイツ国家、政府から完全に独立したユダヤ系金融財閥ロスチャイルドが支配する中央銀行となりました。  

天文学的数字の賠償金を背負わされたドイツは、賠償金を支払うために多額の紙幣を発行し、超インフレになったと、つまらない学校教育では教えてくれますが、勤勉で質実なドイツ国民はそんな馬鹿ではありません。

その現実は、ドイツの国家、政府、国民がまったく干渉できなくなった、ドイツ中央銀行のライヒスバンクが通貨を乱発し、無理やりにハイパーインフレーションをつくったのです。 

そして1923年には物価が20億倍に跳ね上がりましたが、すなわち20億円の貯金を持っていたのに1年後には、その価値は1円になってしまい、

戦勝国側のロスチャイルド、ロックフェラー、モルガンなど国際金融機関が、タダ同然となったドイツ国民の財産(土地・企業・工場・人・etc)を買いあさったというのが現実です。 


まさしく、中央銀行が国家から独立分離してしまったら、どういう事になるのかという、良い見本なのであります。


続きを読む
8

2010/8/13

Rothschild-65  ヴェルサイユ条約  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
ヴェルサイユ条約調印式(1919年6月28日)


第一次世界大戦は、戦争に加わった国が36ヶ国、死傷者約3000万人という従来にはなかった大きな戦争でした。  1919年(大正8年)6月28日、フランスのヴェルサイユ宮殿鏡の間で、第一次世界大戦の講和条約が結ばれ、日本もアメリカ・イギリス・フランス・イタリアとともに、五大国の一つとして出席。

ヴェルサイユ条約は、1920年1月10日に批准され、その結果ドイツとその同盟国は戦争を引き起こした責任として、莫大な賠償金(後に1320億金マルクと決定、当時のドイツGNP20年分)を課せられましたが、これはドイツ国民に対して、死ねというのに等しいものでありました。

条約締結の際にイギリス代表として参加した経済学者ジョン・メイナード・ケインズは再び戦争が起こることを予言し、過酷な賠償に抗議して途中帰国しています。




続きを読む
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ