renaissancejapn@aol.com

2010/8/27

Rothschild-74  ニュルンベルク法  ロスチャイルド

帝政ロシア時代にポグロム(略奪・殺人を伴う暴動を意味するロシア語)に苦しむユダヤ人を救うために、ロスチャイルドは日露戦争で日本の戦費の75%を支援し、ロシア革命を達成し、虐げられていたユダヤ人たちは、平等な社会主義の理想の中に、永遠の開放を夢見ました。

しかし、第一次世界大戦でドイツから独立を回復したポーランドでは民族主義が高揚し、経済の実権を握り国家のいいなりにならない国際ユダヤ資本ロスチャイルドを敵視し、ロシア革命はユダヤ人の仕業だとするロシアで、反ユダヤ主義が再び起こります。

また、ドイツではナチスの突撃隊が1930年頃からユダヤ人を攻撃し、集会では「ユダヤ人に死を」と公然と叫んで扇動し、巨額の借金と不況に苛立つ大衆のガス抜きとしてユダヤ人は利用され、ヒトラーは「我が闘争」でユダヤ人の根絶を主張し、

ナチスが1932年に政権を掌握し、1933年1月30日にヒトラー内閣が発足すると、アーリア人種だけが国民だとして、1935年にはユダヤ人の政治的権利を剥奪する民族法である「ニュルンベルク法」を制定し、諸悪の根源はユダヤ人であるとし、最終決着のためにヨーロッパからユダヤ人を駆逐することを宣言し、実行に移してゆきました。


続きを読む
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ