renaissancejapn@aol.com

2010/9/2

Rothschild-83  ルイ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵 拘束  ロスチャイルド

反ユダヤ主義が拡大する中で、ナチスが標的にしたのは、ユダヤ系国際金融財閥ロスチャイルドでありました。  

フランス・ボルドーの「ラフィット」と「ムートン」のブドウ園は、ナチスのユダヤ政策に従ったフランス・ヴィシー政権に差し押さえられ、「ムートン」オーナーのフィリップはモロッコでヴィシー政権の関係者に逮捕され、ブドウ園は一時的にドイツ軍の駐屯地として利用されました。

1938年3月、ウィーン分家の5代目当主、ルイ・ナサニエル・ロスチャイルド男爵はナチスに自宅で拘束され、ゲシュタポ(秘密警察)刑務所の独房に移送されます。
続きを読む
4

2010/9/2

Rothschild-82  クリスタル・ナッハト(水晶の夜)  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ヒトラーが露骨にユダヤ人迫害を始めたのは、1938年11月9日の 「 水晶の夜 」 からで、ナチス党員の突撃隊がドイツ全土のユダヤ人住宅、商店、シナゴークを襲い、砕け散った窓ガラスが月明かりに照らされ、水晶のように輝いたことから、Kristallnacht(水晶の夜)と名付けられた事件で、  

この事件によって、ドイツ国内の400のシナゴーク(ユダヤ教会)のほとんどが全て焼かれ、7500もの商店が壊され、暴力を受け、殺害されたユダヤ人たちの血や遺体、壊された建造物の瓦礫で、悲惨な光景であったようです。 この事件で、96人のユダヤ人が殺され、25000人のユダヤ人が強制収容所に送られました。 この事件を機に、ヒトラーはユダヤ人の大規模な国外追放を始めるようになります。

続きを読む
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ