renaissancejapn@aol.com

2010/9/12

Rothschild-94  欧米に立ち向かう日本  ロスチャイルド

圧倒的な軍事力の前に、次々と植民地化され、奴隷とされたアジアの人々。  その危険な波は、遂に日本にも襲い掛かかります。  アメリカのハルノートを受け入れ、他のアジア諸国のように植民地化され、欧米の奴隷となるか?   




欧米によるアジアに対する人種差別、植民地化に立ち向かった国が、一国だけありました。

 
それが、高い精神性を持つ、誇り高き日本です。





プロジェクトX-日本、アジア解放への道-
http://www.youtube.com/watch?v=M-CYKs6QElA&feature=related
大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=fvw


続きを読む
12

2010/9/12

Rothschild-93  アメリカの奇襲攻撃  ロスチャイルド

ドイツとの戦いに苦しむイギリスのチャーチル首相から参戦要求を受けたアメリカのルーズベルト大統領は、A(アメリカ)B(イギリス)C(中国)D(オランダ)包囲網による経済封鎖を受け、ハルノートを突きつけられた日本ですが、これは日本に「 死ね 」といっている内容に等しく、日本は、自らの「 生存権 」を賭けて、アメリカとの戦争を選びました。


続きを読む
5

2010/9/12

Rothschild-92  日独伊三国同盟  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
蒋介石、宋美齢とスティルウェル(Gen. Joseph W. Stilwell)将軍


蒋介石による日英分断、また日米分断工作により、1940年9月27日、日独伊三国同盟が締結され、日本とアメリカとの対立は決定的なものとなり、この情報を得た蒋介石は、日本に勝ったと確信したと言っています。

蒋介石は英語が出来ませんでしたが、妻の宋美齢がアメリカで教育を受けていたので、流暢な英語で彼女がアメリカで反日プロパガンダを行いました。  当時、大多数のアメリカ国民が戦争参戦に反対していましたが、これにより対日参戦のムードがつくられ、ヨーロッパではイギリスのチャーチル首相がドイツと厳しい戦いを行っていたので、フリーメーソン人脈のチャーチルー蒋介石(+宋美齢)ールーズベルトのラインで、アメリカの世論を参戦に持ち込んだわけです。


第二次世界大戦に引きずり込まれる日本
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1188.html

 
続きを読む
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ