renaissancejapn@aol.com

2010/11/3

クリックすると元のサイズで表示します
北方領土 現在の領有権



北方領土に関して、歴史的には、安政元年(1855年)2月7日、伊豆下田に於いて日露通好条約が調印され、日本とロシアの国境が択捉島とウルップ島の間と定められ、北方四島(択捉島、国後島、色丹島、歯舞諸島)が日本の領土である事が国際的にも明確になりました。 


これを記念して、1981年に北方領土返還運動を盛り上げるため閣議により2月7日が「北方領土の日」と定められたのです。


この条約では、千島列島はロシアの領土で、樺太は従来通り日露両国民混住の地と決められました。


続きを読む
17


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ