renaissancejapn@aol.com

2010/11/28

邪馬台国と卑弥呼-11  二人の卑弥呼  邪馬台国と卑弥呼

邪馬台国と卑弥呼の謎解きも、終盤を迎えてきましたが、二人の卑弥呼といっても卑弥呼と台与の事ではありません。  

また、邪馬台国には北九州説と畿内説があり、それぞれ卑弥呼がいたとして主張していますが、私はどちらも正しいという考えを持っています。  何のコッチャと言われるかも知れませんので、結論を先に言ってしまえば、



邪馬台国には女帝卑弥呼(=神功皇后)がヤマトに立っていて、九州勢力と激しい権力争いをしていた。  形勢はあきらかにヤマト側が有利であり、瀕死の九州勢力は、北九州の山門(やまと)の女首長である田油津媛を女帝卑弥呼と偽り、魏に朝貢を行い味方につけ、起死回生の逆転を狙った。  

これに怒り、事態を重く見た神功皇后は、田油津媛を誅殺し、北九州を平定して、新羅征伐に向かった。 しかしながら、卑弥呼が魏から倭国王の称号を得てしまったので、卑弥呼を誅殺した事は、大国魏を敵に回す事になるので、魏志倭人伝の卑弥呼は死んだが、台与(=神功皇后)が立ったことにした。

よって、日本の正史である「日本書紀」には、魏への手前、真実を書くことが出来ず、神功皇后が卑弥呼+台与の時代を生きた事にした。  そして、神功皇后は台与として、何もなかったかのごとく、再び魏に朝貢した。   



という説を、私はとっており、この考え方の基本は、本居宣長の邪馬台国偽僭説と呼ばれているものです。 



続きを読む
18

2010/11/28

邪馬台国と卑弥呼-10  徐福と浦島太郎  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します


神仙思想は、紀元前4世紀頃に中国で芽生えた思想で、修行をし、不老不死を獲得したり、その境地に達することを目的としたもので、中国からみて東方、山東半島の沖渤海湾よりもはるかかなたに蓬莱・方丈・瀛洲という三つの神山があり、そこに仙人が住み、黄金の宮殿ウを抱く理想郷があると信じられ、そこに不老不死の薬があるといわれてきました。

秦の始皇帝の時代、不老不死の薬を求めて徐福が多くの人々を従えて旅立ち、日本に旅立ち、その王になったとされており、日本各地で渡来伝説が語り継がれています。 また、徐服の子孫が「秦氏」と名乗ったともされており、確かに秦の時代の有力者だけに、この説も否定できるものではなく、邪馬台国は1〜3世紀に倭にあった国ですが、紀元前3世紀に日本に渡ってきた徐福の存在は、日本建国になにがしかの影響を与えていたと考えても不思議ではありません。

浦島太郎伝説は、神仙思想に満ちており、丹後国に伝わる徐福・浦島太郎伝説は、邪馬台国・大和政権の成立に大きく関与していると思います。



続きを読む
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ