renaissancejapn@aol.com

2010/11/29

邪馬台国と卑弥呼-12  祟神天皇  邪馬台国と卑弥呼

天皇には「ハツクニシラススメラミコト」と呼称される人物が二人います。  初代の神武天皇(BC660-BC585)と第10代の祟神天皇(BC97-BC30)であります。  これは「初めて国を開いた天皇」という意味であるので、意味深です。

日本を最初に治めていたのは出雲の豪族でヤマトにやってきた物部氏、邪馬台国は1世紀から3世紀に倭国に合った国でなので、私の解釈では祟神天皇は邪馬台国を最初に治めた天皇だと考えています。  ちなみに、神武天皇は、古代イスラエルの失われた10支族のエフライム族の話をあてはめた、もしくは本当の子孫、さらにアレキサンダー大王東征の話をあてはめたとしています、目的は天皇の権威をつけるためです。

また、本当に大和政権を確立したのは、応神天皇(神話の世界)=仁徳天皇(現世)で、神功皇后が幼子の応神天皇を連れて東征した話と神武天皇を重ねているのだと考えています。


初代  神武天皇   紀元前660年1月1日−紀元前585年3月11日(在位)
10代  祟神天皇   紀元前97年1月13日−紀元前30年12月5日 (在位)
14代 (仲哀天皇)   192年1月11日−200年2月6日(在位) 
     神功皇后    170年−269年6月3日(生誕から崩御)
               201年−269年6月3日(在位)   
15代  応神天皇   270年1月1日−310年2月15日(在位)
16代  仁徳天皇   313年1月3日−399年1月16日(在位)

*神功皇后は、仲哀天皇の奥さんです。


邪馬台国と卑弥呼-4  名前に神の文字を持つ天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1251.html
邪馬台国と卑弥呼-5  神武天皇
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1252.html


続きを読む
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ