renaissancejapn@aol.com

2010/12/31

邪馬台国と卑弥呼-43  苗族と素戔嗚尊  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
苗族の祖、蚩尤(しゅう)


牛頭天王と呼ばれる素戔嗚尊は、頭に角の生えていたとされていますが、太陽・鳥・蛇信仰をもつ苗族だったのでしょうか。  苗族は、江南地方から、海流に乗って南九州に着き(天孫降臨)、日本中に稲作を伝えたと考えられている民族ですが、苗族の祖、蚩尤(しゅう)も頭に角が生えていました。


天孫族の大和朝廷は、太陽・鳥信仰で、もともと素戔嗚尊も天孫族=天(海)津族でしたが、悪さをしすぎて天孫族から放り出され、新羅に流され、出雲に戻ってきました。  関係の深い、三輪山と出雲族ですが、ここでの太陽・鳥・蛇信仰は、苗族とつながります。  恐らく、出雲族も、対馬海流にのって、北九州や朝鮮半島南部を支配していた倭人(苗族がルーツ)だと思います。 そして、素戔嗚尊は、日本人新羅王の脱解にも関係しているように思います。



続きを読む
3
タグ: 日本 天皇 神道

2010/12/31

邪馬台国と卑弥呼-42  大国主命  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
大黒天


大黒天(だいこくてん)とは、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラ(摩訶迦羅など)のことですが、大国という読みから、神道の神道の大国主命と神仏習合した日本独自の神となっています。  

当初は破壊と豊穣の神として信仰されましたが、後に豊穣の面が残り、七福神の一柱の大黒様として知られる食物・財福を司る神となりました。

ちなみに、大黒(国)様の姿は、男性器を表しており、2つの米俵は睾丸を、帽子は亀頭、袋は睾丸袋、これは三輪山の蛇信仰とつながり、大黒様の袋は、大国主命がもっていた袋(身分の低い荷物運び:大国主命は兄達の荷物を運ばされていた)と同じです。


邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1282.html
邪馬台国と卑弥呼-26  蛇信仰
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1273.html


続きを読む
4

2010/12/30

邪馬台国と卑弥呼-41  太陽神信仰  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
大神神社


大物主大神信仰は、4〜5世紀に全盛を迎え、6世紀になると大和朝廷で太陽神信仰が盛行し、天照大御神が皇祖神とされ、高天原という神の世界が構築されます。

大物主大神を、高天原に迎えてしまうと、大物主大神が最上位にきてしまう可能性があるので、それを恐れて、大物主大神を国津神の最有力者である大国主命と結びつくようになりました。

また、大国主命と結びつける事により、天津族(天孫族)より、格下にしたわけです。


大物主大神は、素戔嗚尊と奇稲田姫の間に生まれた5男で、物部氏の始祖である饒速日命(ニギハヤヒノミコト)であり、出雲の大国主命よりも格が上で、大物主大神と大国主命は同一ではありません。


続きを読む
10

2010/12/30

邪馬台国と卑弥呼-40  大物主大神  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
三輪山と大神神社   奈良県桜井市三輪


今日でも本殿をもたず、拝殿から三輪山自体を神体として仰ぎ見る原始神道の形態を残し、自然を崇拝するアニミズムの特色が認められるため、縄文時代から三輪山信仰があったとされる大神神社ですが、ここには大物主大神が祀られています。

大物主大神は、古代最強の豪族、物部氏の始祖である饒速日命(ニギハヤヒノミコト)であると考えられます。  饒速日命は、素戔嗚尊と奇稲田姫の間に生まれた5男です。


続きを読む
5

2010/12/29

邪馬台国と卑弥呼-39  素戔嗚尊と祇園社  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
八坂神社境内にある疫神社  蘇民将来が祀られている


このお正月に、祇園にある八坂神社に初詣に行かれる方も多いと思いますが、ここには牛頭天王(スサノオ)が祀られています。

八坂神社は、もとは「祇園社」と呼ばれていました。 西暦868年に疫神社の脇に祇園寺として建立したのが始まりで、疫病退散を祈願したのが祇園祭です。



日本とユダヤ1/3
http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w&feature=related
日本とユダヤ2/3 
→ 祇園祭山鉾連合会会長がユダヤの祭りがルーツである事を認めている
http://www.youtube.com/watch?v=4uVVrePl9e8&feature=related
日本とユダヤ3/3
http://www.youtube.com/watch?v=xoowLHXVTvI&feature=related


    
続きを読む
20

2010/12/28

邪馬台国と卑弥呼-38  苗族の温家宝首相  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
温家宝 首相


どこか日本人にとって親しみやすい顔立ちの、中国の温家宝首相は苗族出身ですが、
温家宝首相も日本人の祖先を中国の貴州省、雲南省、湖南省、海南省などの少数民族
(苗族・黎族・トン族)であるとしています。


科学技術の発達した今日、DNA鑑定によっても、稲作は長江から伝わったのが明確になっているし、魏志倭人伝にも中国大陸の揚子江沿岸地域にあった呉越地方の住民習俗がよく似ているとしている事からも、間違いないどころか、当然であると思います。



苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
阿幼朵 - Keaide Miao Xiang
http://www.youtube.com/watch?v=FM74XdWTXMo&feature=related
A Yu Duo, Miao singer--Hmong?
http://www.youtube.com/watch?v=PEYSGWqiVcc&feature=related


続きを読む
7

2010/12/27

邪馬台国と卑弥呼-37  苗族の闘牛  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
貴州省 苗族の闘牛


邪馬台国と卑弥呼-25  苗(みゃお)族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1272.html
苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
阿幼朵 - Keaide Miao Xiang
http://www.youtube.com/watch?v=FM74XdWTXMo&feature=related
A Yu Duo, Miao singer--Hmong?
http://www.youtube.com/watch?v=PEYSGWqiVcc&feature=related
汤灿家乡美 Tang Can : My Beautiful Hometown
http://www.youtube.com/watch?v=pQ3bSfr48u4&feature=related


【乡土 HQ视频 2011-01-31】苗年斗牛 / Miao New Year Bull Fight 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=Uheb02j02Lo
【乡土 HQ视频 2011-01-31】苗年斗牛 / Miao New Year Bull Fight 2/2



続きを読む
2

2010/12/26

邪馬台国と卑弥呼-36  犬頭人  邪馬台国と卑弥呼

魏志倭人伝には、倭は 「有無するところ、擔耳(たんじ)・朱崖(しゅがい)」と同じとありますが、擔耳・朱崖は中国の海南島を指します。  

中国の江南地方の半農半漁民族の伝説には、国初めに帝が約束を守って、自分の娘を大手柄を立てた犬頭人の妻としましたが、頭が犬なので布を持って頭を隠した。 そして、その子孫がいまも頭の前に布の面影であるふさを下げているのは、祖先の教えを守っているためであり、

元日・即位・大嘗祭(だいじょうさい)などに、宮門を守る隼人(はやと)が犬の遠吠をおこないますが、延喜式の隼人条には、紅いはくの肩布(ひれ)をつけたことが記されています。


犬祖伝説は、江南地方から日本伝えられたもので、今でも海の神を祭る豪族である安曇氏に関連する地方、安曇(=安曇野、渥美半島、熱海、厚見、阿曇、阿積・泉など)の地名のつくところの一部では、赤ちゃんが生まれると、額に犬の文字を書くところがあります。



続きを読む
9

2010/12/25

邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
セグロウミヘビ


天照大神は、もともとは海神で、海を照らすものでありました。  三輪山に祭られた大物主神が海面を照らしながら、この世にやってきたとする神話があり、佐太神社などには、海を照らしながら訪れる海蛇を祭る風習があります。 


佐太神社
http://sadajinjya.jp/


この海蛇はセグロウミヘビで、神在月になると佐陀の浦(鹿島町古浦海岸)には、南洋から暖流に乗ってやってくる竜蛇が出現し、これが佐太神社に奉納されるようになりますが、この竜蛇信仰は、海の彼方から寄り来るという古代信仰(マレビト信仰、海の果ての常世国から豊饒をもたらす神、対馬海流がもたらす南方文化への憧れと信仰)を伝えるものであります。

これは、海照から天照への変化は、邪馬台国や大和朝廷が太陽信仰を受け入れたとき、海照大神を太陽神に転化したものと思われます。


続きを読む
8

2010/12/24

邪馬台国と卑弥呼-34  苗族と鹿信仰  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
中国 海南島  鹿回頭公園(ろっかいとうこうえん)


海南島の鹿回頭公園にある鹿と女性の石像ですが、その昔、鹿を追っていた黎族の男子が、鹿をこの地まで追い詰めた時、鹿が美しい黎族の女性へと変身し、二人は恋をしてこの地で幸せに暮らしたと言う伝説があります。

紀元前26世紀頃、黄帝が蚩尤を破りますが、この時、蚩尤の味方についたのが、九黎族で、敗れた蚩尤民族はミャオ族と黎族に分裂し、長江に逃れ、貴州・雲南省・四川省・海南省などに移り住み、一部の部族が楚や呉を建国しました。 

この鹿回頭公園にあるように、稲作と漁業をなりわいとする海人族である苗族や黎族は、鹿信仰もあったようです。     


続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ