renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/12

邪馬台国と卑弥呼-23  日本人新羅王 脱解王  邪馬台国と卑弥呼

現在の韓国人の直接の祖先である新羅の王が日本人であったことが、朝鮮半島の正史「三国史記」に記されています。  それは、新羅の第四代の王である脱解王 (在位:西暦57-80年)です。

脱解王が重用したのも倭人の瓠公(ここう)であり、「三国遺事(さんごくいじ)」は脱解王を「鍛冶(かじ)」だったと記録しており、素戔男尊や天日槍は、脱解王もしくはその一族であると考えられます。  また、比売語曽(ひめこそ)が天日槍(=天之日矛)の下を去るとき、「親の国に帰る」と告げているように、朝鮮南部は日本の管轄下にあり、多くの日本人が住み着いていた証拠でしょう。

「三国志」や「後漢書」にも、弥生時代の朝鮮半島南部に鉄鉱石を求めて、日本列島から多くの人々が群れ集まっていたことが記されており、脱解王もそのひとりだと思われます。



よく、朝鮮半島の騎馬民族が日本を征服して大和政権を築いたというお馬鹿な話を信じている人を見かけますが、中国・朝鮮の歴史書にそのような記述は全くないのに対し、日本が新羅や百済を征服した記述は、中国・朝鮮・日本の歴史書にありますし、任那日本府の存在からも、日本側が朝鮮半島南部を支配下においていた事は間違いないでしょう。

だいたいにして、朝鮮半島からやってきた騎馬民族が日本を征服し、彼らの王は母国語の朝鮮語を捨て、日本語を学び、日本語を母国語と定め、彼らの王様は肉食をやめて、現地の日本人のように、米・魚を食べるようになり、その王様(天皇)は、稲作の祭祀王となり、中国・朝鮮・日本の歴史書に残っているように、自らの朝鮮半島を攻めたというのでしょうか、アホでなければジョークもほどほどにしてもらわねばなりません。

日本で稲作がはじまったのは、BC4000年頃に中国南部から伝わった陸稲で、日本最古の水田跡は佐賀県唐津市にある菜畑遺跡で、神武天皇が即位した年と同じ頃のBC600年頃のものです。

そして、朝鮮半島でみつかっている水稲栽培はAD500年くらいにまでしか遡れず、九州北部と栽培法が酷似していることや遺伝子学的に日本の古代米に満州から入った米の遺伝子が交雑した米が多いことなどから、水稲は日本から朝鮮半島へ、陸稲は満州経由で朝鮮半島へ伝わったことが判明。  中国政府の研究機関でも調査が進み間違いないという結論が出ています。 

ちょうど、日本が朝鮮半島南部を支配していた時期とも重なることから、稲作は日本から朝鮮半島に伝わったとする一つの証拠にもなります。



続きを読む
65

2010/12/10

邪馬台国と卑弥呼-22  出雲とズーズー弁  邪馬台国と卑弥呼

ズーズー弁といえば、東北地方のイメージがありますが、出雲地方も関西で唯一のズーズー弁を話す地方のようです。  

また、出雲地方の女性は美人が多いとの事で、昔から京都の公家・貴族が好んで出雲美人を妻に迎えたという話があり、東北地方も美人が多いイメージがあります。  

大和朝廷に敗北した出雲王国の人々が、諏訪地方、関東地方、さらに東北地方に逃れたという痕跡にも思えます。

大和朝廷、奈良時代、平安時代と、朝廷が必要以上に蝦夷征討と称し、東北地方を攻めていますが、大和朝廷vs出雲王国の記憶がさせているのでしょうか。


また、ズーズー弁と、出雲・北陸・東北、美人の関係は面白いと思いました。



松本若菜も、出雲出身ではありませんが、同じ山陰の鳥取県出身の美人です。


松本若菜
http://ameblo.jp/creep9552
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/986.html




続きを読む
4

2010/12/9

邪馬台国と卑弥呼-21  関東の出雲族  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
大宮氷川神社 (埼玉県おおみや市)


氷川神社は、埼玉に162社、東京に59社と、この両県を中心(武蔵野国)にある神社ですが、
ご祭神は、須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命(大国主神)と完全に出雲勢力の神社です。

氷川は、出雲地方でヤマタノオロチになぞらえた斐伊川(ひいがわ)=簸川(ひのかわ:日本書紀)であり、祭神はそれを治めた須佐之男命(スサノヲノミコト)となっています。

古代出雲王朝が、大和朝廷によって滅ぼされたとき、彼らは東に逃げ、武蔵野の土地にやってきたのだと思います。  出雲から武蔵に渡るルートとして、山梨、奥多摩を経る道が考えられますが、奥多摩にある奥氷川神社、所沢にある中氷川神社、さいたま市浦和区の氷川神社は、彼らの移動とともにつくられた足跡と考えてよいでしょう。

江戸時代には、大宮氷川神社の神域は9万坪あったととされ、大変な勢力であった事は間違いなく、大和朝廷の手を逃れ、出雲王国の人たちが築いたものでしょう。

関西vs関東は、大和朝廷vs出雲王国の記憶なのかも知れません。



6

2010/12/8

邪馬台国と卑弥呼-20  春耕秋収を計って年紀と為す  邪馬台国と卑弥呼

「 (倭人は)春耕秋収を計って年紀と為す 」 

春耕(しゅんこう)とは春の農耕のはじまりをさし、秋収(しゅうしゅう)は秋の収穫の時期のことで、春分、秋分のころをそれぞれ1年のはじまりとして、今の一年を二年に数える暦を倭人はもっているという意味ですが、


これは、「三国志」より少し前に書かれた「魏略」という歴史書に、この一文があったという事が「三国志」の注釈として引用されています。


確かに、日本書紀に残された天皇の寿命は長く、この考えを当てはめることも出来ますが、一方で中国や朝鮮の歴史書と、日本書紀に書かれた事件の年代が一致する事も多くあり、「春秋年」の習慣に触れている文が、一つしかなく、日本側の資料にもないことから、正しいかどうかは分かりません。

ただ、邪馬台国の謎ときをするにあたり、知っておく事は重要であると思います。


4

2010/12/7

邪馬台国と卑弥呼-19  泣いて馬謖を斬る  邪馬台国と卑弥呼

卑弥呼が生きた時代は、中国では三国志の真っ只中。  

諸葛孔明が愛弟子の将軍、馬謖(ばしょく)をあえて斬刑にした有名な故事 「泣いて馬謖を斬る」 は、

蜀の武将、馬謖が、街亭の戦いで諸葛孔明の指示に背いて敗戦を招き、他の武将の一部から「馬謖ほどの有能な将を」と慰留の声があがるものの、しかし諸葛孔明は「軍律の遵守が最優先」と涙を流しながらも処刑に踏み切ったという一件です。

実は、この事件がなければ、「三国志」魏書東夷伝倭人条は書かれる事がなく、我々日本人も邪馬台国や卑弥呼の事を知る事ができなかったかも知れないのをご存知でしょうか。
続きを読む
5

2010/12/6

邪馬台国と卑弥呼-18  富士山と桜  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
富士山と桜


日本を代表する山と花は、富士山と桜ですが、いずれも木花之開耶媛命(コノハナサクヤヒメ)伝説からきているのではないでしょうか。

桜の語源となった木花之開耶媛命、そして彼女の父親が天照大御神の兄神かつ日本民族の祖神で、日本の山の神でありながら、海の神でもある大山祇神(オオヤマヅミノカミ)。 

木花之開耶媛命を娶ったのが、日向に天孫降臨した邇邇芸命(ニニギノミコト)。


ニニギノミコトとコ ノハナサクヤヒメ
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=yBII3bPaEYM


富士山本宮浅間大社には、ご祭神として、木花之開耶媛命、大山祇神、邇邇芸命が祀られています。



邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1264.html




続きを読む
9

2010/12/5

邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
桜  バラ科サクラ属サクラ亜属
http://www.youtube.com/watch?v=NxC4BUKJYtc&feature=youtube_gdata_player


日本人にとっては、桜信仰と呼んでも良いほど好まれる桜の花ですが、原産地は西アジアからヒマラヤとされているものの、日本でも数百万年前から生息していることが分かっており、日本では固有種・交配種を含めると600種以上の桜が自生しています。


桜の語源は、天孫降臨した邇邇芸命(ニニギノミコト)が娶った美人の木花之開耶媛命(コノハナサクヤヒメ)からきており、木花は桜だけを意味するともされています。 サクヤ=サクラとするようです。 また、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)という説もあります。 


桜は、葉と同時にいきなり花が咲き、すぐ散りますが、これが日本人が好む潔よさ、原色ではなく淡い色の可愛さを好み、また美しくはかないものに心を打たれる日本人の精神性に影響を与えています。  


美しい花はいくらでもあり、もっと長く咲くものもあるのに、何故に日本人にとっては桜なのでしょうか。  


それは、稲作と関係があり、4月の初め頃にいきなり咲き、すぐに散ってしまう桜は、桜の開花が稲作開始時期と知るために使われてきたからで、ですから日本全国に植樹されているのは、「瑞穂の国」の祭祀を司る天皇のノウハウと考えられ、

日本の学校や会社の会計年度も4月が開始となっているのも、桜が咲く時期に稲作を初め、仕事の1年が始まると考えたからだと思われます。




続きを読む
10

2010/12/4

邪馬台国と卑弥呼-16  出雲の国譲り  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
出雲大社


日本書紀には、大国主命(オオクニヌシノミコト)は、平和裏に天照大御神に国を譲った事になっていますが、現実はそんなに甘いものではなかったでしょう。
続きを読む
10
タグ: 日本 天皇 神道

2010/12/4

邪馬台国と卑弥呼-15  纏向遺跡とエジプト  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
紅花


纏向遺跡で、3世紀中頃の遺構から紅花(べにばな)の花粉が多く見つかりました。 紅花は虫媒植物で、アジアに自生しておらず、エジプトが原産であり、当時は中国でも高価で貴重な染料であります。  魏志倭人伝によると、243年卑弥呼が魏に赤や青の織物を献じたと記録されていることからも、卑弥呼の時代に既にエジプトと交易があったことを示すものであります。

昨日、神社の構造が、女性の生殖器をイメージしてつくられたのではないかという内容の投稿をしましましたが、エジプトのピラミッドも最近では同じく女性の生殖器をイメージしてつくられたのではないかという説があります。 これは、太陽光線を男性器とみたて、太陽光線が神社やピラミッドに差込み、新しい生命を産み出すという考え方からくるものです。



邪馬台国と卑弥呼-14  神社の構造
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1261.html



続きを読む
4

2010/12/3

邪馬台国と卑弥呼-14  神社の構造  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
天照大御神を祀る伊勢神宮の宇治橋の大鳥居から、冬至の日に昇る太陽 


神社には、鳥居があり、本宮にいたる参道があります。  新しい生命を生み出す女性は、五穀豊穣のシンボルでもあり、鳥居は女性器、本宮は子宮、参道は産道と考えれないでしょうか。

また、伊勢神宮の宇治橋の大鳥居は、冬至の日にこの鳥居から太陽が昇るように設計されているのは、冬至の日に太陽の高度が最も低くなり、3日間最も低い位置に留まり(すなわち太陽の死)、12月25日から再び太陽の高度が高くなってゆく(すなわち、太陽の復活)を表しており、西洋では太陽神イエスキリストが3日間、死んだ後、再び蘇る話、そして太陽神イエスキリストの誕生日が12月25日である事とも重なります。

また、太陽神である卑弥呼(=天照大御神)が亡くなり、再び太陽神の女帝台与が立つ(=天の岩戸分け伝説)とも話が一致します。  


すなわち、太陽光線を男性器とみたて、太陽が死んだ冬至の日に、鳥居(=女性器)から産道を通り、本宮(子宮)に向かって、さしこみ、12月25日に太陽が復活(=太陽神が生まれる)という事です。  


米という文字は、八十八(=米)の複雑なプロセスを経て、創りだされる高度な技術ですが、機械時計がない時代に、正確無比な天体の動きを把握し、それぞれのプロセスの正しい時期を知り、初めて稲作を行う事が出来るもので、天皇とは天文学に通じ、民を飢えから救う、稲作の祭祀王であるといえるのではないでしょうか。




邪馬台国と卑弥呼-6  新嘗祭
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1253.html



6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ