renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/5

邪馬台国と卑弥呼-17  稲作と桜  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
桜  バラ科サクラ属サクラ亜属
http://www.youtube.com/watch?v=NxC4BUKJYtc&feature=youtube_gdata_player


日本人にとっては、桜信仰と呼んでも良いほど好まれる桜の花ですが、原産地は西アジアからヒマラヤとされているものの、日本でも数百万年前から生息していることが分かっており、日本では固有種・交配種を含めると600種以上の桜が自生しています。


桜の語源は、天孫降臨した邇邇芸命(ニニギノミコト)が娶った美人の木花之開耶媛命(コノハナサクヤヒメ)からきており、木花は桜だけを意味するともされています。 サクヤ=サクラとするようです。 また、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)という説もあります。 


桜は、葉と同時にいきなり花が咲き、すぐ散りますが、これが日本人が好む潔よさ、原色ではなく淡い色の可愛さを好み、また美しくはかないものに心を打たれる日本人の精神性に影響を与えています。  


美しい花はいくらでもあり、もっと長く咲くものもあるのに、何故に日本人にとっては桜なのでしょうか。  


それは、稲作と関係があり、4月の初め頃にいきなり咲き、すぐに散ってしまう桜は、桜の開花が稲作開始時期と知るために使われてきたからで、ですから日本全国に植樹されているのは、「瑞穂の国」の祭祀を司る天皇のノウハウと考えられ、

日本の学校や会社の会計年度も4月が開始となっているのも、桜が咲く時期に稲作を初め、仕事の1年が始まると考えたからだと思われます。




続きを読む
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ