renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/19

邪馬台国と卑弥呼-31  苗族の結婚と日本神話  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)


日本神話の国産みで、イザナギ神とイザナミ神が天(海)の御柱を回って、「あなにやし」と声をかけて結婚し、日本の島々を産んでゆきますが、

このような習慣は、古くからイスラエルでおこなわれていたのと同じで、ユダヤ人の風習として、結婚式綺麗に飾った花の柱を中央に置き、新郎新婦が柱を廻り、出会った所で結婚成立とする風習があります。  アナニヤシとはヘブル・アラム語で「私は結婚する」という意味です。

雲南省の苗族は、春祭りに豊饒の柱を山上に立てて、男女がその回りをまわり、結婚を祝福します。  

イザナギとイザナミの話では、右回りにまわって蛭子ができたので、船に乗せて流し、ニ神は天に昇り、神々の教えを請うたところ、「まわりかたを逆にして声をかけよ」といわれ、左回りにまわり、「あなやにし」といったところ、次々と良い子が産まれました。

中国では、左回りは天のまわりかた、右回りは地のまわり方とされ、より高貴なものが左回りをすべきだとされています。  やはり、日本神話のイザナギとイザナミの結婚の話も、雲南省の苗族が日本に伝えたものであると考えられます。


The Miao Kingdom Special Collection
http://www.youtube.com/watch?v=nUUMm_5if54&feature=related
Miao/Hmong Girl Li Yumei Performing Miao Song on National Television
http://www.youtube.com/watch?v=j-MCHtsF7Zo&feature=related


続きを読む
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ