renaissancejapn@aol.com

2010/12/21

邪馬台国と卑弥呼-33  素戔嗚尊(スサノオノミコト)  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
素戔嗚尊(スサノオノミコト)


日本書紀によれば、イザナギとイザナミの間に天照大神、月夜見尊、素戔嗚尊が生まれました。  

素戔嗚尊は乱暴者で、高天原を追放され、新羅に降り立ちますが、「私はこの土地にいたくない」 といって粘土で船を作り、それに乗って東に向かい、出雲の国の簸川の川上にある鳥上之峯に着いたと記述されています。  

また、古事記によれば、それぞれが父イザナキに任された国を治めていましたが、素戔嗚尊だけは自分の国を治めようとせず、大人になって髭が長くのびても泣きわめきます。 父イザナキが理由を聞くと「私は亡き母に会いたくて、母が住む根の堅州国にいきたくて、泣いているです」と言います。  これを聞いたイザナキは大変怒って、「ならば、おまえはこの国に住んではならない」といい、素戔嗚尊を追放しました。  


素戔嗚尊は新羅の人だと思い込んでいる人をよく見かけますが、日本の神々の天孫から追放され新羅に着き、「私はこの土地にいたくない」と言っている時点で、素戔嗚尊は日本人で、新羅に流されたものの、日本(出雲)に戻ってきたと考えるべきであると思います。


素戔嗚尊の話は、何を言いたいのかといえば、高天原にいた素戔嗚尊が悪さをしたことにより、死罪につぐ厳しい罰である島流しにあったという、律令制度ができる前の法(天津罪・国津罪)により罰せられる世の中の平和と安定を守る教訓であります。

また、流されるべき先が、天照大御神の太陽信仰する日本人にとって、太陽が沈む西の方角にある黄泉の国・出雲、朝鮮であるという事、かつ素戔嗚尊は高天原から追放されたという事で、高天原の神より1ランク下の神であると言っているのです。




続きを読む
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ