renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/24

邪馬台国と卑弥呼-34  苗族と鹿信仰  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
中国 海南島  鹿回頭公園(ろっかいとうこうえん)


海南島の鹿回頭公園にある鹿と女性の石像ですが、その昔、鹿を追っていた黎族の男子が、鹿をこの地まで追い詰めた時、鹿が美しい黎族の女性へと変身し、二人は恋をしてこの地で幸せに暮らしたと言う伝説があります。

紀元前26世紀頃、黄帝が蚩尤を破りますが、この時、蚩尤の味方についたのが、九黎族で、敗れた蚩尤民族はミャオ族と黎族に分裂し、長江に逃れ、貴州・雲南省・四川省・海南省などに移り住み、一部の部族が楚や呉を建国しました。 

この鹿回頭公園にあるように、稲作と漁業をなりわいとする海人族である苗族や黎族は、鹿信仰もあったようです。     


続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ