renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/25

邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
セグロウミヘビ


天照大神は、もともとは海神で、海を照らすものでありました。  三輪山に祭られた大物主神が海面を照らしながら、この世にやってきたとする神話があり、佐太神社などには、海を照らしながら訪れる海蛇を祭る風習があります。 


佐太神社
http://sadajinjya.jp/


この海蛇はセグロウミヘビで、神在月になると佐陀の浦(鹿島町古浦海岸)には、南洋から暖流に乗ってやってくる竜蛇が出現し、これが佐太神社に奉納されるようになりますが、この竜蛇信仰は、海の彼方から寄り来るという古代信仰(マレビト信仰、海の果ての常世国から豊饒をもたらす神、対馬海流がもたらす南方文化への憧れと信仰)を伝えるものであります。

これは、海照から天照への変化は、邪馬台国や大和朝廷が太陽信仰を受け入れたとき、海照大神を太陽神に転化したものと思われます。


続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ