renaissancejapn2020@gmail.com

2010/12/31

邪馬台国と卑弥呼-43  苗族と素戔嗚尊  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
苗族の祖、蚩尤(しゅう)


牛頭天王と呼ばれる素戔嗚尊は、頭に角の生えていたとされていますが、太陽・鳥・蛇信仰をもつ苗族だったのでしょうか。  苗族は、江南地方から、海流に乗って南九州に着き(天孫降臨)、日本中に稲作を伝えたと考えられている民族ですが、苗族の祖、蚩尤(しゅう)も頭に角が生えていました。


天孫族の大和朝廷は、太陽・鳥信仰で、もともと素戔嗚尊も天孫族=天(海)津族でしたが、悪さをしすぎて天孫族から放り出され、新羅に流され、出雲に戻ってきました。  関係の深い、三輪山と出雲族ですが、ここでの太陽・鳥・蛇信仰は、苗族とつながります。  恐らく、出雲族も、対馬海流にのって、北九州や朝鮮半島南部を支配していた倭人(苗族がルーツ)だと思います。 そして、素戔嗚尊は、日本人新羅王の脱解にも関係しているように思います。



続きを読む
3
タグ: 日本 天皇 神道

2010/12/31

邪馬台国と卑弥呼-42  大国主命  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
大黒天


大黒天(だいこくてん)とは、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラ(摩訶迦羅など)のことですが、大国という読みから、神道の神道の大国主命と神仏習合した日本独自の神となっています。  

当初は破壊と豊穣の神として信仰されましたが、後に豊穣の面が残り、七福神の一柱の大黒様として知られる食物・財福を司る神となりました。

ちなみに、大黒(国)様の姿は、男性器を表しており、2つの米俵は睾丸を、帽子は亀頭、袋は睾丸袋、これは三輪山の蛇信仰とつながり、大黒様の袋は、大国主命がもっていた袋(身分の低い荷物運び:大国主命は兄達の荷物を運ばされていた)と同じです。


邪馬台国と卑弥呼-35  海照大神 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1282.html
邪馬台国と卑弥呼-26  蛇信仰
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1273.html


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ