renaissancejapn2020@gmail.com

2011/1/4

邪馬台国と卑弥呼-46  高床式建築  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
雲南省 倭族の高床式建築と千木


東アジアには、昔からニ系統の住居があります。  一つは黄河流域の畑作民(粟・黍・コーリャンを主食)の土間式住居、もう一つは長江流域の稲作民の高床式住居であります。

一帯が水田の湿地帯に住む人が考え出した高床式住居では、足が泥で汚れてしまうので、家の中に入るときに、足を洗ったり、拭いてから住空間に入り、そのキレイな床は大きなベッドと同じで、床で寝転がる事ができます。

日本の現在の住宅でも、高床といかないまでも、土よりも一段高い位置に床を設け、靴を脱いで、家の中に入っています。



続きを読む
24


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ