renaissancejapn@aol.com

2011/8/27

クリックすると元のサイズで表示します
梁職貢図新羅題記


韓国古代社専攻の仁川(インチョン)都市開発公社ユン・ヨング博士は去る20日西江(ソガン)大茶山館で行われた新羅史学会(フェチャン、キム・チャンギョム)第107回学術発表会を通じて中国で最近発見報告された梁職貢図題起を分析、紹介しました。

その内容は、韓国古代史研究の第1級資料の中の一つと見なされる梁職貢図から永遠に消えたと見なされた新羅と高句麗に対する簡略な説明の題記が最近発見されたもので、特に今回発見された新羅に対する題記には新羅が倭の属国という一節があり、任那日本府説とかみ合わさり、韓国で話題となっています。

今回の発見は広開土王碑や隋書倭国伝、宋書倭国伝に書かれている内容が正しいという裏付けになるものです。


だいたいにして、朝鮮の正史「三国史記」に、日本人新羅王の「脱解」、また百済王子「豊璋」が人質として日本に差し出されていた事を自ら書いてあるのですから、何ら驚くものではありません。



百済・新羅は日本の属国
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1398.html
日本の属国であった新羅と百済
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1044.html
日本人新羅王 脱解王
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1270.html
日本文明
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html 




続きを読む
17
タグ: 倭の属国 新羅 百済


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ