renaissancejapn@aol.com

2011/8/28

邪馬台国と卑弥呼-123  天磐船(あめのいわふね)  邪馬台国と卑弥呼

神武東征により、神武天皇が大和の地を目指した時、そこには物部系の 「饒速日(にぎはやひ)」 と 「長髄彦(ながすねひこ)」 が待ち構えていました。 

という事は、神武天皇が日向から河内、大和入りする前に、既に大和地方を支配していた部族(物部)の存在があった事を示します。

続きを読む
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ