renaissancejapn@aol.com

2011/10/9

邪馬台国と卑弥呼-145  台与 と ヒスイ  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
糸魚川市の海望公園にある沼河比売(奴奈川姫)と建御名方命の像


縄文時代から古墳時代にかけて、勾玉や大珠などの翡翠(ひすい)製品は、珍重されましたが、その原産地は新潟県の糸井川周辺にほぼ限られることが科学的分析によりわかっています。

魏志倭人伝には倭の産物として、真珠・青玉があるとされ、また魏志倭人伝によれば、台与(とよ)が魏に孔青大句珠(こうせいだいくしゅ=青い大型勾玉)二枚朝貢した記述があります。 この青玉、孔青大句珠は翡翠のことであります。


邪馬台国と卑弥呼-121 魏志倭人伝 まとめ   
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1456.html


ヒスイは古くは 「 ヌ/瓊 」といわれ、糸魚川の旧名は「 ぬなかわ 」で、これはまさしく「 ヌを産する川 」の意味で、越の沼河比売(=奴奈川姫)は、この地のヒスイを支配する祭祀女王とされています。


続きを読む
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ