renaissancejapn@aol.com

2011/10/18

邪馬台国と卑弥呼-149  神功皇后とは誰か   邪馬台国と卑弥呼

天皇家は、初代の神武天皇に始まり、第125代の今上(きんじょう)天皇にまで続いていますが、名前に神の文字を持つ天皇はわずかしかおられません。



初代  神武天皇   紀元前660年1月1日−紀元前585年3月11日(在位)
10代  祟神天皇   紀元前97年1月13日−紀元前30年12月5日 (在位)
14代 (仲哀天皇)  192年1月11日−200年2月6日(在位) 
     神功皇后   170年−269年6月3日(生誕から崩御)
              201年−269年6月3日(在位)   
15代  応神天皇   270年1月1日−310年2月15日(在位)
16代  仁徳天皇   313年1月3日−399年1月16日(在位)


邪馬台国は、1世紀から3世紀にかけて倭国にあった国ですが、神の名がつく天皇はその時期に集中しています。  当然ですが、神の名を持つ天皇が日本建国に重要な役割を果たしたと考えるべきでしょう。

卑弥呼(175年頃-248年頃)と神功皇后(170年-269年)と時代が一致し、どちらも女帝であった事、また卑弥呼が亡くなった後も神功皇后が生きていた事を考えると、神功皇后は卑弥呼でもあり、台与でもあると考えるのが自然であると思います。



続きを読む
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ