renaissancejapn@aol.com

2011/11/25

邪馬台国と卑弥呼-171  八咫烏と高皇産霊神  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
八咫烏(やたがらす)


神武東征の際、高天原にいる高皇産霊神(たかみむすひのかみ)は、荒ぶる神が多いので、御子のことをご心配になり、八咫烏を遣わせ、神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)を導かせました。  神倭伊波礼毘古命は八咫烏の後について進むと、吉野河の下流につき、次々と土地の豪族たちが従うようになりました。

これで、神倭伊波礼毘古命は長い東征を終え、橿原宮にて初代の天皇に即位し、神武天皇と呼ばれるようになります。 日本書紀は神武天皇の即位を紀元前660年元旦と伝えており、これを根拠に、太陰暦を太陽暦に換算したニ月十一日を「建国記念の日」としています。


続きを読む
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ