renaissancejapn@aol.com

2011/11/27

邪馬台国と卑弥呼-173  箸墓伝説   邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
三輪山と大神神社

クリックすると元のサイズで表示します
能 「三輪」


崇神紀十年の条に、孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)は大物主神の妻となるが、大物主の本体が蛇であることを知って驚き、倒れこみ、箸が陰部に刺さって死んだという、箸墓伝説が記されています。

箸墓古墳は、彼女の墓と伝わっており、従来は箸墓古墳の築造年代は3世紀末〜4世紀初頭とされ、卑弥呼の時代と合わないとされていましたが、最近、年輪年代学や放射性炭素年代測定による科学的年代推定により、卑弥呼の没年(248年頃)に近い3世紀の中頃から後半である事が分かり、卑弥呼の墓の最有力とされています。

また、この箸墓古墳の後円部の大きさは直径約160メートルであり、「魏志倭人伝」の「卑弥呼死去 卑弥呼以死 大作冢 徑百余歩」と言う記述とも一致。


続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ