renaissancejapn@aol.com

2012/2/19

邪馬台国と卑弥呼-202  江南からの製鉄技術  邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
画文帯環状神獣鏡 埼玉県稲荷山古墳出土

クリックすると元のサイズで表示します
呉鏡の鉛同位体分布図



埼玉県稲荷山古墳出土の鉄剣は新日鉄研究所の調査結果、中国の鉄鉱石で、技術も江南で行われていた炒鋼法(しょうこうほう)であることが分かり、また呉の赤烏(せきう:238-251←邪馬台国の時期)の紀年銘をもつ画文帯神獣鏡が日本で出土しています。

稲作・味噌・醤油・納豆・餅・鵜飼などが、中国江南から日本に伝わった事は今日常識となっており、織物も揚子江河口の江南地方から伝わり、日本の蚕が今日でも江南系であることが知られています。

この事実からも、日本の弥生人のルーツは、長江文明の人々であり、今日では少数民族となった苗族と考えられます。 長江文明を引き継ぎ、今日、大きな国家をつくっているのは日本だけで、我々日本人は長江文明を築いた人々の末裔ということも出来ます。



苗家美
http://www.youtube.com/watch?v=_hLaJFjqjPQ&feature=related
Hmong Miao song
http://www.youtube.com/watch?v=FM74XdWTXMo&feature=related
The Miao Kingdom Special Collection
http://www.youtube.com/watch?v=nUUMm_5if54&feature=related



続きを読む
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ