renaissancejapn@aol.com

2012/2/25

邪馬台国と卑弥呼-205  かな文字 と ヘブライ文字    邪馬台国と卑弥呼

古代日本は、中国江南や中近東、特にユダヤの影響を強く受けている事を書いてきましたが、数々の考古学的証拠やDNAなどの科学的証拠から、信じていただけたと考えています。


日本文明
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html
邪馬台国と卑弥呼-204  かな文字 と ユダヤ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html   
邪馬台国と卑弥呼-203  日本神話と淮南子、三五暦記
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1590.html


かな文字とへブライ語の強い類似性で、明らかに漢字が伝わる前に、ヘブライ語が日本に伝わっていた事は、明らかです。 

これに、現在のヘブライ語と形がぜんぜん違うと反論する人をみかけますが、ヘブライ語の歴史・変遷を何も知らないお馬鹿が、恥ずかしげも無くこういうことをいうのです。 今から説明します。



続きを読む
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ