renaissancejapn@aol.com

2012/3/12

邪馬台国と卑弥呼-211  熊野大社      邪馬台国と卑弥呼
クリックすると元のサイズで表示します
熊野大社(熊野坐神社) 島根県松江市八雲町熊野


「出雲国風土記」には熊野大社と記され、その後「延喜式神名帳」では熊野坐神社と記された神社が、出雲東部の意宇郡にありました。 この神社こそ、出雲で最も歴史と権威がある神社であり、出雲西部にある杵築大社(明治4年から出雲大社と呼ばれる)は記紀神話編集の時代に創られたものです。

出雲国は行政も杵築大社の祭祀もずっと出雲臣(出雲国造家)が支配してきました。 その居住地も、出雲国の行政を司る国庁の所在地も、すべて出雲東部の意宇郡にあり、杵築大社(出雲大社)のある西部の出雲郡ではありません。

出雲西部は開発の遅れた地域で、豪族ではなく、小族長や農民達のいた地域でしたが、大和王権の命令で大社がつくられ、オオムナチが祀られる事になります。

出雲氏が祭政の拠点を意宇郡から杵築に移したのは、出雲国造果安(はたやす)のとき(708-721)で、その時期に古事記も撰上されています。


続きを読む
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ