renaissancejapn2020@gmail.com

2012/7/12


盛り上がりに欠ける今年の夏のロンドン・オリンピックですが、マイクロソフト社が次期OSであるWindows8を10月末に発売する事を発表しました。

実は、業界の暗黙の決まり事ですが、オリンピック景気で一儲けした後、マイクロソフト社が次のOSを発売して、また儲けるという見かたが常識となっています。 前回は、北京オリンピックの次の年にWindows 7が発売しされたのを覚えておられる方も多いと思います。

ロンドン・オリンピックも盛り上がりのなさに、薄型TVの販売も今ひとつのようですが、Windows8の発売時期にも影響しているのかもしれません。


しかしながら、マイクロソフトも、前のOSのサポートを打ち切り、無理やり新しいOSを企業はじめ、一般消費者にも買わせるという、このようなあくどい商売を続けていれば、Appleに完敗するのは時間の問題かも知れません。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ