renaissancejapn@aol.com

2012/8/18


普段感情を抑えることのできない朝鮮民族が怒りを抑制する事によって強いストレス性の障害を起こす疾患とされている。 症状としては、胸が重苦しくなり、不眠症や拒食症・性機能障害などを併発する事が多い。 大韓民国(韓国)では鬱火病(ウラビョン)ともいう。鬱火病の鬱は鬱病とは関係なく、鬱血や鬱憤の鬱と同じ、「その場に溜まってゆく」といった意味である。 若者の火病の初期症状として、強い怒りと共に八つ当たりの行動を伴う。

アメリカ精神医学会において、1996年に文化依存症候群の一つとして登録された。 治療については完治は不可能。 治療法は完全には確立されていない精神科・神経内科での投薬治療が一般的である。

人格障害は自分の性格に問題があることに気づきにくく、家庭や社会生活、対人関係に支障があり、周りの人々を苦しめるという特徴がある。

朝鮮民族の場合、自分の問題を他人や社会のせいにし、極端な反応を示す例が多い。 この為、各種の犯罪や社会的葛藤を引き起こす原因になりやすく、早急に対策を立てなければならないが、社会的な認識程度が低く、適切な診断と治療が行われていないのが現状である。

火病の発症者は、他者への攻撃性とヒステリー性・強迫性が顕著である。 若年者であっても注意力欠乏過剰行動障害(ADHD)、敵対的反抗障害等の複数の精神障害を合併するケースが報告されている。

他民族から見た場合、人格・精神障害に伴う虚言・妄想・自己欺瞞に対して、嫌悪感と不信感を抱くケースが多い。 朝鮮人の中には、実際とは異なると理解していても、それを受け入れることで生じる精神的不安の回避手段(回避性)として、現実と明らかに異なる嘘を付くことで自身の中で均衡を保とうとするケースが多い。

この回避性行動は火病の症例の一部である(自らの嘘を他人に強要する場合も同様)。 韓国では若年者の3割、成人したものでは4〜5割(疑われる者を含めると7割)が火病もしくは何らかの精神病・人格障害を発症もしくは併発している。これは先進国平均を大きく上回っている。
                                                   Wikipedia



捏造大国 韓国
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=P8k7o07sTgQ
韓国人教授88才の絶叫「韓国は歴史捏造をやめるべきだ!」
http://www.youtube.com/watch?v=_LEHPTlaN7Q&feature=related

韓国の真実 民度の異常な低さと火病  死ぬまでやってろ!
http://www.youtube.com/watch?v=nNRD8MludFU&feature=related
サッカー女子 日本人選手の顔面を思い切り蹴り上げる韓国選手
http://www.youtube.com/watch?v=C_JH5hldAaY
韓国人「日本の大地震をお祝い(し)ます」 韓国のサッカー会場にて kinako789
http://www.youtube.com/watch?v=tNTtQp4bwn4&feature=related
従軍慰安婦問題、提訴者の韓国人女性「詐欺」で逮捕
http://www.youtube.com/watch?v=cmphs0RjZ4M&feature=related
高市早苗 「朝鮮人強制連行論説」を論破
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1493.html



続きを読む
17

2012/8/18

尖閣諸島は日米安保の適用対象 米政府再表明  中国・韓国・北朝鮮・民主党・共産党 (朝日・毎日・フジ・NHK)
クリックすると元のサイズで表示します
海上保安庁の2隻の巡視船が、中国の釣魚島(日本名:尖閣諸島魚釣島)抗議船を挟み撃ち
している様子


8月15日午後16時30分ごろ、香港の活動家が釣魚島に上陸しました。 上陸した7名のうち、5名が沖縄県警に「不法入国」の疑いで逮捕。


シュライバー元米国務省次官補(東アジア太平洋担当)は15日、「米政府は衝突が発生するのを避けることを望んでいる。

しかし、もし衝突が避けられないのであれば、米政府は日米安全保障条約に従って、日本を守り、更にはしかるべき結果に責任を取る準備をする」との見解を示しており、

さらに、釣魚島の領有権について「米政府は特定の立場を取らない」という見解を強調していたヌランド米国務省報道官は、16日、「釣魚島は『日米安全保障条約第5条』の適用対象だ」との米政府の立場を再び表明。



お馬鹿な中国の挑発にわざとに乗ってやり、一戦構えて負かし、国連常任理事国になるのも一興かも知れません。


続きを読む
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ