renaissancejapn2020@gmail.com

2012/12/31

大祓(おおはらえ)  日本・天皇・神道・記紀神話

今日は、大晦日ですが、日本の家庭では大掃除が行われます。 これは、記紀神話に見られる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の禊祓(みそぎはらひ)を起源とし、701年の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に定められた事にあり、一年の罪や穢れを洗い落とす習慣からきているものと思われます。

正確には、大祓(おおはらえ)は、6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。

本来、日本国と、日本国民を守らなければならない政権与党の政治家達が反日左翼の集まりという、日本の長い歴史の中でも極めて異常な民主党政権が倒れ、自民党政権が誕生しましたが、まさしく今年の大晦日は、この腐臭漂う民主党によって穢された日本を大祓し、綺麗にしなければなりません。


来年からは、新たな気持ちで、日本再生にむけて頑張りましょう。



世界の偉人がみた日本
http://www.youtube.com/watch?v=L6HXwT6fPtk




続きを読む
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ