renaissancejapn@aol.com

2013/3/31

全米桜まつり  観光・旅行
クリックすると元のサイズで表示します
ワシントン 桜まつり


1912年に、当時の東京市長であった尾崎幸雄が友好の印としてワシントン市に桜の苗を寄贈したことを記念し、毎年、3月下旬〜4月上旬に、全米桜まつりが開催され、多くの日本文化が紹介されています。

日本を代表する美しい桜は、世界の人々を魅了し、優雅で、平和な気持ちにさせてくれています。




http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1784.html


続きを読む
3

2013/3/30

クリックすると元のサイズで表示します
富士山と桜


桜が咲き、花見の季節となりました。 ちょうどこの頃、学校や会社の新年度がはじまります。
何故、日本は4月はじまりなのか?  

それは、稲作の祭司王である天皇が、稲作をはじめる時期として、桜の開花をこよみとして使ったことに始まります。


続きを読む
3
タグ: 日本 天皇 

2013/3/28

日本人の評判記 イザベラ・バード  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
イザベラ・バード ( 1831 - 1904 )英国人旅行家、紀行作家


イザベラ・バードは、明治時代に東京を起点に、日光から新潟に抜け、日本海側から北海道に至る旅をし、「日本奥地紀行」を書いた作家ですが、当時の庶民の様子が記されたものは極めて少なく、今日でも貴重な資料となっています。 また、彼女は、その後、神戸・大阪・京都・伊勢も訪ねています。


バードは、朝鮮・中国をも旅しましたが、酷評しており、対照的に日本を絶賛しております。

続きを読む
8

2013/3/23

日本文化の魅力  Cool Japan

日本文化の魅力は、長い歴史を持ち、古い伝統を守りながらも、世界N0.1の科学技術を持ち、それらが相互に魅力を引き立てており、そして何をやらせても高いクオリティをもっているところにあります。 また、何よりも、人への思いやりのある優しさのある文化であるという事が、世界の人々を惹きつけているのだと思います。



世界の偉人・著名人が日本人を絶賛
http://www.youtube.com/watch?v=L6HXwT6fPtk
稲作をする天皇陛下
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1253.html


世界最高権威の天皇陛下
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1639.html
日本文明
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1082.html
日本の国体
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1052.html
精神文明 日本
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1243.html
科学技術 日本最強伝説
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1630.html




続きを読む
3
タグ: 日本 文化 アニメ

2013/3/22

桂離宮  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
京都 桂離宮


ドイツ人建築家、ブルーノ・タウトが愛した日本美の桂離宮。 



「私達は、樹々の若葉の明るく照り映えている正門前の砂利道で車を降りた。 この見事な門! 私たちはしばらくその門の前に佇んだ。 竹でできたすがすがしい門は、まるで新しいもののようである。 門につづく高い竹垣は、うちに秘めた美しいものを外界から遮っているが、しかし少しも威圧的なところがない。 

同行した日本の友人たちも、ただ黙して佇むばかりであった。 私は言った、これこそ実にモダンではありませんか」
  - 日本美の再発見 -



「静寂である。 折々、どこからかさわやかな鳴き蝉の声が聞こえてきては、またはたとやむ。魚は幾たびとなく鱗を水の面に踊らし、またぱしゃりと音を立てて池の中に沈んでいく。 小島の上に遊ぶ亀の甲羅は、岩の色と見分けがたい。 私たちは、今こそ真の日本をよく知りえたと思った。」  - 日本美の再発見 -







続きを読む
5

2013/3/21

日本人の評判記 ブルーノ・タウト  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーノ・タウト (1880-1938)  


ドイツの東プロイセン、ケーニヒスベルク生まれの建築家、ブルーノ・タウトは、世界に類のない純日本風の建造物、「床の間」は、世界に誇るべき存在であるとしています。

家の小さな美術館、博物館が、その家のシンボルの「床の間」で、そこに飾られる什器(じゅうき)や掛け軸によって、思いのままに変化する独特の雰囲気を醸し出し、小さな家であっても、ある意味で、生活するに無駄な空間(=文化・芸術)あるという事に感動しています。


「地球上、どのような芸術創造を見渡しても、造形美術に使用するものとして床の間ほどに、精緻を極めた形式を創り出したことは、何処にもないといってよい。」 -「日本文化私観」床の間 精緻な形式は日本独特のもの -
続きを読む
4

2013/3/19

女ひとり 由紀さおり  映画・音楽・アニメ
クリックすると元のサイズで表示します
京都大原三千院


これだけ上品で美しく、穏やかで優しい自然と、歌があるでしょうか。 日本美の真骨頂です。



女ひとり
http://www.youtube.com/watch?v=F7d6v5baJdE




続きを読む
2

2013/3/18

東山花灯路2013  観光・旅行
クリックすると元のサイズで表示します
八坂神社 祇園東の芸妓さん舞妓さんによる奉納舞踊


京都の風物詩、東山花灯路が3月17日が最終日だったので、家族で行ってきました。 夜風が心地よく、提灯に照らされた八坂神社の舞台で踊る舞妓さん。 本当に風流で、優雅です。 多くの外人さんも来られていましたが、ため息をついていました。

写真で見るのでは、まったく現場の空気が伝わらないので、是非、京都の遊びに来てください。八坂の塔はいつみても美しいです。



クリックすると元のサイズで表示します
八坂の塔



京都東山花灯路2013 八坂神社〜八坂の塔
http://www.youtube.com/watch?v=MAINC-_Lt10
京都・東山花灯路 Photograph slide show
http://www.youtube.com/watch?v=nlzmA71KZ2Q





4

2013/3/17

日本人の評判記 ペリー  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
マシュー・カルブレイス・ペリー (1794-1858)


日本の江戸時代に黒船艦隊を率いて鎖国をしていた日本へ来航し、開国させたことで知られるペリーですが、彼の日記である「日本遠征記」にも、日本人のレベルの高さが記述されています。


「読み書きが普及していて、見分を得ることに熱心である。 ・・・ 彼らは自国のことを知っているばかりか、他の国の地理や物質的進歩、歴史についてもかなりの知識をもっており、我々もまた多くの質問を受けた。 ・・・ 長崎のオランダ人から得た彼らの知識は、実物を見たこともない鉄道や電信、銅板写真、ぺキサン式大砲、蒸気船などにまで及んでおり、それを得意げに語った。 またヨーロッパの戦争、アメリカの革命、ワシントンやナポレオンについても的確に語ることができた。」 -読書きの普及、最新の欧米知識-



「実際的、および機械的技術において、日本人は非常な巧緻を示している。 ・・・ 日本がひとたび文明社会の過去・現在の技能を有したなら、強力なライバルとして機械工業の成功を目指す競争者の一人になるであろう。」 -優れた技術、強力なライバルへ-



ペリーの予言通り、日本はアメリカを脅かす、世界N0.1の技術大国となっています。




続きを読む
6

2013/3/16

日本人の評判記 ヴァリニャーノ  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(1539-1606) カトリック教会の司祭
イエズス会東インド管区の巡察師として活躍し、天正遣欧少年使節派遣を計画・実施


フロイスの後にやってきたヴァリニャーノも、日本におけるさまざまな風習や性格について、「日本巡察記」にまとめており、当時の日本を知る貴重な資料です。

「日本巡察記」第二章には、日本人は優れた風習や天性をもっており、世界で最も高尚で思慮があり、よく教育されているとしています。


「国民は有能で、秀でた理解力を持ち、子供たちは我らの学問や規律をよく学び取り、ヨーロッパの子供たちよりもはるかに容易に、短期間に我らの言葉で読み書きすることを覚える」 -すぐに外国語を覚える日本の子供たち-


「人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。 一般庶民や労働者でも、その社会では驚嘆すべき零節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。 この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我らヨーロッパ人よりも優れている」 -礼儀正しい日本人、上品に育てられた子供たち-



続きを読む
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ