renaissancejapn@aol.com

2013/3/16

日本人の評判記 ヴァリニャーノ  Cool Japan
クリックすると元のサイズで表示します
アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(1539-1606) カトリック教会の司祭
イエズス会東インド管区の巡察師として活躍し、天正遣欧少年使節派遣を計画・実施


フロイスの後にやってきたヴァリニャーノも、日本におけるさまざまな風習や性格について、「日本巡察記」にまとめており、当時の日本を知る貴重な資料です。

「日本巡察記」第二章には、日本人は優れた風習や天性をもっており、世界で最も高尚で思慮があり、よく教育されているとしています。


「国民は有能で、秀でた理解力を持ち、子供たちは我らの学問や規律をよく学び取り、ヨーロッパの子供たちよりもはるかに容易に、短期間に我らの言葉で読み書きすることを覚える」 -すぐに外国語を覚える日本の子供たち-


「人々はいずれも色白く、きわめて礼儀正しい。 一般庶民や労働者でも、その社会では驚嘆すべき零節をもって上品に育てられ、あたかも宮廷の使用人のように見受けられる。 この点においては、東洋の他の諸民族のみならず、我らヨーロッパ人よりも優れている」 -礼儀正しい日本人、上品に育てられた子供たち-



続きを読む
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ