renaissancejapn2020@gmail.com

2014/3/22

ラストエンペラー 習近平-20  日本・天皇・神道・記紀神話
クリックすると元のサイズで表示します
中華人民共和国  第7代国家主席 習近平(シー・ジンピン)  2013.4.13-



------------------------- 中国崩壊は2018年 ---------------------------


中国共産党が国家というものを治める能力の限界にきており、シャドーバンキングなどによる不良債権、人件費が高騰し日米欧の投資先が中国でなくなってきている事、人類が住める状態にない環境問題、奇形児の多産、政府高官の汚職・不正、限度を越した所得格差、政府高官の海外逃亡、人民解放軍との確執(人民解放軍は中国政府の軍隊ではなく共産党の軍隊で、北朝鮮をコントロールしているのは人民解放軍の最大勢力、瀋陽軍区。 そして貧困層と人民解放軍が共産党思想からかけ離れた北京政府を倒そうとしている)、暴動・内乱の数々、反対勢力の人たちを生きたまま内臓を取り出し売買するまるで暴力団のような国家、人権問題、さらにはチベットやウィグルなど少数民族からの反発、2017年に次の共産党大会があり、現在の政治局常務委員7人のうち、保守派と言われる人たちが一斉に引退し、親日米欧勢力である改革派の李源潮(りげんちょう)や汪洋(おうよう)が新しく常務委員になり改革を進め、日米欧が支援している事など、述べてきました。

そして何よりも危険なのが、小さいころから共産党思想の洗脳教育を受けた若者たちが、実際社会に出てみると、政府高官は毎日酒池肉林、不正蓄財は一人当たり数千億円。 一方で、毎日ゴミを漁らなければ生きていけない子供たち、生きていくために手足を切断され物乞いとされている子供たち、さらに大学を出ても実は資本主義の底辺にいることを思い知らさせる若者たち。 そして繰り返される弾圧と人権侵害。 これで革命が起きないわけがありません。

中国という国家は、放っておいても崩壊するでしょう。





続きを読む
7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ