renaissancejapn@aol.com

2014/6/13

アメリカンドリーム 吉田潤喜  国際政治・金融・企業
クリックすると元のサイズで表示します


今日、久しぶりに共感できる、尊敬でき豪快な人に出会う事が出来ました。 一緒に酒を飲み、サインや握手までして頂き、まだ感動の余韻が続いております。

吉田さんは、京都生まれの在日韓国人で、幼いころ右目を失明するも、持ち前の明るさとポジティブな思考で、単身渡米。 相手の父親に反対されながらもアメリカ人女性と結婚し、事業を立ち上げ、2005年にはNewsweek誌(日本版)「世界で最も尊敬される日本人100」に選ばれました。

過去4度の倒産劇で自殺を考えたこともあったそうですが、その時、なんと結婚に大反対していた義理の父から離縁を進められると思いきや、義理の父親は財産をすべて抵当に入れ、現金を吉田さんに渡してくれました。

夢に向かって一途に向かう、彼の生きざまに共感したのです。

そして、今では2万5000坪の大豪邸での生活。 しかしながら、見栄を嫌い、事業を成功させるには、「金儲け」では「人儲け」、小細工な戦略より、エネルギーとパッションこそが本当の戦略を生み出すという経営姿勢は、今の日本の経営者たちが学ばなければならない事が多くあると思います。



続きを読む
5


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ