renaissancejapn@aol.com

2014/6/20

オバマ大統領の評判   国際政治・金融・企業

寄稿 DICK CHENEY And LIZ CHENEY 2014 年 6 月 18 日 19:40 JST
http://on.wsj.com/1qciU2Y
ウォール・ストリート・ジャーナル


(ディック・チェイニー氏は2001〜09年まで米副大統領を務めた。長女のエリザベス・チェイニー氏は02〜04年と05〜06年に近東問題担当の国務副次官補を務めた)


イスラム教スンニ派の武装組織「イラク・シリアのイスラム国(ISIS)」が多数のイラク人を虐殺しながら首都バグダッドに迫っている。 ここでISISと国際テロ組織アルカイダに関するオバマ米大統領の過去の発言を思い出してみるといい。

「2軍の選手がレイカーズのユニホームを着たからといってコービー・ブライアントにはなれない(2014年1月)」 「アルカイダをひざまずかせ全滅した(13年8月)」 「ここではっきりさせておこう。戦争の潮は引きつつある(11年9月)」

米国の大統領がこれほど多大な犠牲を払い、これほど多くのことについて誤った認識を抱いているのは珍しい。

オバマ大統領があたかも祈るかのように、イラクとアフガニスタンの戦争を「終わらせつつある」と何度言ったか数え切れない。 大統領の言葉は今や現実の壁にぶつかり、粉々に砕け散っている。

かつて米国人の血によって守られていた地域を黒装束のISIS兵士らが奪取していることが、米国の敵が「全滅」していないことを示す決定的な証拠になる。テロリストたちは勢いづき、攻撃を続けている。


「(中略)」


続きを読む
1
タグ: 政治 国際関係 企業


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ