renaissancejapn@aol.com

2014/8/1

太陽電池の真実  環境・エネルギー

福島の原発問題から、日本では再生可能エネルギーの太陽電池に巨額の補助(FIT:フィールドインタリフ:電力買い取り制度)を行い、メガソーラーブームが起こっています。

実は、これはとんでもない愚作であり、一度日本では補助を辞めているのです、それを真似したのがドイツで、FITにより太陽光発電ブームを起こしたものの、この高値で買い取る補助(FIT)分は電気代に上乗せされ、ドイツでの電気代は2倍になってしまい、国民の大反対を受け、FITを辞めることに決まりました。

そして、それだけの負担をして得られた電力は、わずか3%増えただけです。 すなわち、この補助システムは電力供給量にはほとんど効果がないばかりか、もともと原子力や火力発電よりコストがかかる太陽電池で、それをまだ高値で買い取る補助なのですから、長続きするわけがありません。

分かりやすく言えば、巨額な太陽電池設備投資を行ったものの、電力供給量は変わらず、電気代が2倍になるのです。 一般庶民は、月々の生活で精いっぱいですが、本当に電気代が2倍になるのを皆さんは許せますか?  また電気代が上がっても電力は足りないので、このクソ暑い夏に電力制限で、クーラーがつけれない事態が起こるのです。

さらに、太陽光発電の比率をあげれば、どうなるでしょうか?  真夏の昼間に、曇りや雨になると電気が足りなくなり、クーラーは使えない、洗濯機は使えない、冷蔵庫の中身はすべて腐ってしまう、また企業活動では工場の電気の値段は上がるは、安定しないわで、企業は海外に逃げ、日本の雇用は減少するし、年金の額もますます減るのです。


太陽電池は、別に今現れた技術でなく、開発している技術者たちが、まだ原子力発電や火力発電と戦えるレベルにはないと言っているのに、アホサヨたちが騒いでいるだけです。

今のメガソーラーブームは、FIT(買取価格制度の補助)で、大手企業がやれば儲けが保証されているからブームになっているからで、補助制度が無くなれば瞬殺です。


アホサヨは分かっているのでしょうか?


続きを読む
10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ