renaissancejapn@aol.com

2014/8/21

シェール革命と日本-8  環境・エネルギー

シェールガスの採掘には、大量の水が使用されます。 高圧で水を送り込み、岩盤を破砕し、水を汲み上げますが、地表に戻る水は約7割で、化学薬品の含まれるこの水の処理は環境問題となります。

この問題を解決する脚光される技術が、窒素と水を混ぜて使う事で、使用する水の量が半減します。 ここで注目を集めているのが、半導体用窒素ガスの大手、大陽日酸(日本酸素と大陽東洋酸素の合弁:産業用ガスで日本首位、世界5位)であります。
続きを読む
4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ